パドヴァ,ラヴェンナ


べネチアでは寒さに耐えながら過ごしましたが、そこから日帰りでパドヴァに行った日は
天気も良くて暖かく、春を満喫できました。

パドヴァはジオットという画家のフレスコ画のあるスクロヴェーニ礼拝堂で有名な町です。
私もそれを見ることが目的で訪れました。

ジオットは、ルネサンスの先駆けとなった革新的な画家です。
宗教画に人間らしい肉体や顔の表情を持たせて、以後の画家達に多大な影響を与えたと言われています。
実を言うと、日本で画集などのジオット作品を見ても、それほど素晴らしいとは思えなかったのですが、
やはり本物を見ると全然違いました。堂々とした形と鮮やかな色使い。
ここからルネサンスは始まったのだと実感できました。

パドヴァは町も良かったです。広々とした道路があり、美術館の周辺は緑が多く、
旧市街も観光客は多すぎずのんびり出来ました。

それまでのヴェネチアが運悪く曇りで寒かったので、一層パドヴァが明るく感じられました。
美術館もなかなかでした。

この日リラックス出来たせいか、体調の方も良くなってきました。
パドヴァから戻ってベネチアを出た後に向かったのはラヴェンナです。
この町には中世の教会がたくさんあり、外観は地味だけど中はモザイクでキラキラ!
ルネサンスの明るさやバロックの豪華さとは違った、独特のオリエンタルな雰囲気がたまりません。
ビザンチンモザイク美術も大好きな私には外せない町でした。


inchiki tour top

copyright mipo,All Rights Reserved