花の都フィレンツェ   路上のアーティスト

フィレンツェ繁華街に、路上にチョークで精密な模写を描く路上アーティストが数人いた。
その中でも一番上手だったのは日本人のこの男性。
白と黒のチョークだけで写真を見ながら描いていたミケランジェロの「ピエタ」もこの出来映え!
彼に話を聞くと、市が道路の舗装を変える工事を始めて、写真右下のようにデコボコの道路に
なりかけた時、路上アーティストがみんなで市に「絵を描くスペースを残して欲しい」と
訴えかけて折衝した結果、ご覧の通りちゃんと描ける部分を平らのままにしてくれたそうだ。
日本じゃありえない話やなぁ〜!と感激。イタリアらしい粋な計らいですね!