モスクワでラーメン

さて、アエロフロート(ロシア国際航空)で来ていた私は、

「せっかくだから帰りにモスクワに寄ってみたい!」と無謀なことを考え

イスタンブールでロシアのビザとホテルの予約をしてもらい、

アエロフロートのオフィスで帰国便の変更をしてもらっていました。

実はこの手続きをするのが思った以上に大変でした!

.....

まず、アエロフロートに行くと、変更はビザを獲ってからじゃないと出来ないからと、

ロシア領事館の場所を教えてもらい、ロシア領事館に朝早くから並んだのに

「ここじゃできない。インツーリスト(ロシア国営旅行社)に行け」

と追い返されました。観光案内所に行ってインツーリストの場所を聞いても

わからないと言われて普通の旅行会社に連れて行かれました。

とっても困ってもう一度アエロフロートの事務所に行って事情を話したら、

ロシア旅行専門の旅行会社を紹介してくれて、そこへ行くと「インツーリスト

の方が安いよ」と言うので「それがわからんからここ来てるねん!」と答えたら、

インツーリストの場所を教えてもらえました。やっとの事でインツーリストに行ったのに

日本領事館の発行する「添え状」が要るとのことで、日本領事館に行くと

”場所移転しました”との張り紙・・・。歩ける距離だったので歩いて行くと

坂がきつくてクタクタ。何とか辿り着いたら昼休み中! も〜〜っ!!

.....

昼休み終わるまで待って添え状を手に入れ、文房具屋で証明写真も撮って、

インツーリストが閉店するぎりぎりの時間に戻ってこれました。

一日中歩きまくって迷いまくって、どうにかビザを申請できました。

ビザが出来てアエロフロートに行くと、すっかり顔馴染みになっていて

「できたの?待ってたよ」と笑顔で迎えてくれました。

アエロフロートの事務所の兄ちゃんだけでなく、このビザ取りの一件で、トルコの

人々の親切さを身をもって体験できました。道を聞いてその人がわからなかったら

「わからない」で済まさずにその人が違う人に尋ねてくれたり、

「この紙を見せなさい」とトルコ語で書いてくれたり、とにかく助けられました。

そうやって大変苦労して(っちゅーか私が思いつきで行動するから)ビザを獲って

モスクワへ行けることになりました。どうなる事やら・・・。

....

モスクワ滞在はたったの2泊だけでしたが、それはもう私にとっては

大冒険そのものでした。行く前から出来れば寄ってみたいとは思って

いたのでモスクワの地図や簡単な観光ガイドはコピーして持ってきていたけど

ロシアはトルコ以上にカルチャー・ショックでした。

.....

道がやたらと広い!車はめちゃ飛ばしているので渡れない。

だからあちこちに地下通路があったが夜なんかはとっても怖かった。

地下鉄がすごい!乗り場まで降りるエスカレーターがとっても長く

「どこまで降りるねんっ」というくらい地下深く、それもまた猛スピード

降りていく。駅はどれもが大変美しく装飾してあってまるでお屋敷の中。

乗り換えがまたややこしく、というより私がロシア語わからんから

慣れるまでは目的地にたどり着くのに地下を1時間も彷徨ったり・・・(笑)

そうやってはちゃめちゃになりながら、モスクワに着いたその夜に

まず絶対行きたかった「赤の広場」にやっとたどり着いたのは

夜11時半頃でした。ライトアップされた広場は感動的な美しさでした。

今思えばひとりでそんな夜遅く道も解らず言葉も解らずに歩き回ったりして

本当に無謀なことをして、後になってみると怖くて怖くて・・・


inchiki tour top

copyright mipo,All Rights Reserved