予防接種 インデックス
最終更新日: 2002年09月16日、 アクセスした日: 10月20日

最近(1996年9月)、ポリオの2次感染が話題となりました。 これは、ポリオの生ワクチンの予防接種を受けた子どもから30代の父親が感染し、 両足がまひしたというものです。 親に対して危険なものが、子どもに対して安全なのでしょうか? もっとも、国の機関(国立予防衛生研究所)は、 このケースがポリオの2次感染であることを認めてはいませんが。

また、予防接種による被害を無視できなくなった厚生省は、 それまで「義務」であった予防接種を1994年に予防接種法を改正し、 「努力義務」に方針変更しました。 この方針変更は、厚生省が進んで実施したわけではなく、 予防接種被害者による集団訴訟に国が敗訴し続けた結果を受けたものらしいのです。

子を持つ親として、「予防接種を受ける方が受けないよりも安全なのか」、 「予防接種は役に立つのか」、「厚生省が言っていることを信じてよいのか」 を自分なりに調べました。 このページでは、そのときに参考にした新聞記事や文献を紹介します。


医者にメス ホームページに戻る