医療過誤関連報道 近畿地方医療機関索引
最終更新日: 2006年11月25日、 アクセスした日: 12月15日

医療関連報道 インデックスに戻る 頁の最後尾へ
北東 東海 中四
用語 A IC

三重県

→ 三重大学医学部付属病院

→ 三重県赤十字血液センター (津市)

→ 津生協病院 (津市)

→ 津市の内科医(67)

→ 三重県立総合医療センター (四日市)

→ 三重県立塩浜病院 (四日市市)

→ 四日市市の産婦人科病院

→ 亀山市立医療センター

→ 鈴鹿厚生病院 (鈴鹿市)

→ 上野総合市民病院 (上野市)

→ 半田病院 (亀山市)

→ 今村歯科 (名張市)

→ 国立津病院 (久居市)

→ 尾鷲市立尾鷲総合病院

→ 三重県立志摩病院 (阿児町)

→ 多度病院 (多度町)

→ 第一病院 (海山町)

滋賀県

国立八日市病院

1997年07月16日 共同 国側が8,000万円支払い 滋賀の医療過誤訴訟が和解

国立滋賀医大病院 (大津市)

2002年 7月15日 共同 手術ミスで女性患者死亡 滋賀医大病院

2001年 11月26日 共同 国に8800万円賠償命令 医師の手術ミス認める 大津地裁

1998年11月17日 共同 MRSA感染死で国を提訴 9,500万円賠償求め 大津地裁

1998年10月20日 共同 患者の投薬リストが流出 国立滋賀医大病院

大津市民病院

2001年 7月06日 共同 病院に8千万賠償求め提訴 抗生物質投与で死亡と遺族 大津

2000年 2月23日 共同 大津市が解決金6千万円 医療ミスで調停成立

1997年09月22日 時事 89年当時ヤコブ病予見できなかった 大津の訴訟で国側争う姿勢

1997年02月24日 読売 大津でヤコブ病感染の薬害訴訟始まる

1996年11月21日 朝日 「脳硬膜移植でヤコブ病に」 女性患者、薬害と提訴 大津

1995年02月07日 朝日 「医療ミスでまひ」 大津市に賠償請求 手術受けた男性提訴

大津赤十字病院 (大津市)

2002年 10月01日 毎日 大津赤十字病院 術後患者に輸血ミス 薬剤管理の不備認める

2000年 7月11日 共同 院内感染で死亡と提訴 日赤に賠償請求 大津地裁

1998年05月02日 毎日 病院不祥事 赤十字病院前副部長が患者氏名無断持出 医院

1997年07月27日 毎日 診断書 大津赤十字病院が作成を拒否

1995年11月21日 朝日 手術ミス、4,400万円支払え 日赤と医師に大津地裁判決

社会保険滋賀病院 (大津市)

1999年07月23日 毎日 食中毒 大津市の社会保険滋賀病院で昨年食中毒隠し

近畿健康管理センター (大津市)

2000年 3月16日 毎日 健康診断 後遺症で財団法人に賠償を「注意義務怠る」神戸地裁

守山市立守山市民病院

2000年12月25日 共同 1400万円支払いで和解 医療過誤訴訟で守山市 大津地裁

滋賀県立成人病センター (守山市)

1999年07月05日 毎日 結核 看護婦発病 6人が集団感染か 滋賀県立成人病センター

長浜市立長浜病院

1999年03月29日 毎日 医療過誤訴訟 網膜治療で失明 医師に説明義務違反と損賠命令

長浜赤十字病院 (長浜市)

2002年12月19日 共同 点滴ミスで看護師を起訴 滋賀・長浜赤十字病院

2002年11月12日 共同 わいせつの元麻酔医に有罪 「犯行悪質」と大津地裁

2002年 8月01日 毎日 点滴ミス死亡 主治医ら3人を書類送検 滋賀県警

2002年 6月17日 毎日 わいせつ医師 向精神薬注射し体触る 医療事故の病院で

2002年 6月02日 毎日 医療ミス 点滴すべき薬品を直接注入 病院が警察に届け出

彦根市立病院 (彦根市)

2002年12月04日 共同 人工呼吸器の患者が死亡 彦根市立病院で医療事故

草津総合病院 (草津市)

2000年 3月13日 共同 救急病院の医療ミス認定 京都地裁が賠償命令

国立滋賀病院 (八日市市、旧国立八日市病院)

2002年 7月08日 毎日 抗生物質 手術前の投与 厚労省が保険適用で二枚舌対応

高島総合病院 (高島町)

2002年 9月11日 共同 1200万支払いで和解 交通事故後の医療ミス訴訟 大津地裁

京都府

京都大医学部付属病院 (京都市左京区)

2003年 2月28日 共同 肝臓ドナーのこん睡続く 京大、移植から1カ月

2003年 1月27日 読売 生体肝移植の提供女性が肝不全に、再手術実施

2003年 1月27日 共同 再発防止で学会も原因調査 生体肝移植の提供者重体で

2003年 1月27日 共同 娘に肝臓提供の母が重体 京大、ドミノ移植実施へ

2003年 1月27日 共同 新しい手術広めた京大 群を抜く症例数、成績 生体肝移植

2002年12月02日 毎日 医療過誤 看護師、エタノール誤注入認める 京都地裁で初公判

2002年 10月30日 読売 京大原子炉実験所が10年以上、無届けで放射線治療

2002年 10月25日 読売 京大医療ミス、遺族が検察審査会に申し立て

2002年 10月23日 共同 検察審査会に申し立てへ 京大エタノール混入事故

2002年 10月04日 毎日 エタノール誤注入事件 京大病院の看護師を起訴 京都地検

2002年 9月10日 共同 脳死肝移植患者が死亡 敗血症により京大病院で

2002年 3月06日 朝日 大学病院の医療事故、約3年で29件開示 死亡は4件

2001年 10月15日 毎日 医療ミス 京大で消毒液誤注入された女性の両親が国など訴え

2001年 9月11日 毎日 脳死小腸移植 京都大病院で手術を受けた女児が死亡

2001年 7月02日 毎日 生体移植 小腸移植を受けた8カ月男児が死亡 京都大病院

2001年 6月22日 毎日 生体小腸移植 男児が開腹手術 京都大病院

2001年 5月25日 毎日 脳死肝移植 手術受けた10代女性患者が死亡 京大病院

2001年 4月17日 毎日 医療過誤 両親が内部文書開示を要求 京大病院で中毒死

2001年 3月06日 共同 「病院は真実を明かして」 知人らが支援の会結成 京大病院

2001年 1月16日 読売 京大病院医療ミス、医師ら8人を書類送検

2001年 1月11日 毎日 京都大医療過誤 遺族に事故隠した担当医を書類送検

2000年12月26日 共同 京大病院で輸血ミス 滋賀の遺族が国を提訴

2000年 11月20日 毎日 移植患者死亡 脳死肝提供受けた女性が敗血症で 9例目で初

2000年 10月26日 朝日 生体ドミノ肝移植の男性が死亡 肝機能は一時回復も

2000年 7月31日 共同 京大の人工呼吸器でぼや 入院患者ら75人避難

2000年 6月19日 毎日 医療事故 4病院に特定機能病院承認辞退を勧告せず 厚生省

2000年 5月26日 共同 生体移植の小腸を摘出 京大で国内2例目の女児

2000年 3月08日 読売 エタノール、加湿器に10回以上補充

2000年 3月08日 毎日 エタノール中毒死 入院患者の人工呼吸器に混入 京大病院

1999年11月06日 毎日 ドミノ移植 生体分割肝移植の女性死亡 京大病院は今後も継続

1999年05月24日 共同 京大病院で医療過誤と提訴 堺市の男性の遺族

1999年02月07日 毎日 輸血ミス O型の女性患者に A型を輸血 京都大医学部付属病院

1998年08月07日 共同 小腸移植が順調に終了 母から娘へ 京都大病院

1998年02月22日 読売 B型肝炎 ドナーから16人中15人感染

1997年09月13日 共同 小腸移植の男児が死亡 手術から485日目 カリニ肺炎が悪化

1997年06月20日 共同 生体肝移植の中学生死亡

1993年04月03日 朝日 生体肝移植の4日後に死亡 MRSAで敗血症

国立京都病院 (京都市伏見区)

2002年 3月05日 共同 医療事故2年で146件 単純ミスや不注意 国立病院など

2001年 10月10日 毎日 医療過誤 国立京都病院の分べん方法ミスで賠償命令 京都

1999年07月19日 共同 京都の主婦の敗訴確定 乳房切除手術めぐり

1998年07月23日 共同 乳房切除で主婦が逆転敗訴 医師に説明義務なしと認定

1997年04月18日 毎日 乳房切除の病院側に説明不十分と慰謝料支払い命令

京都府立医科大学付属病院 (京都市上京区)

2002年 10月23日 毎日 社説 カルテ開示 法律で患者の権利認めよ

2002年 10月11日 毎日 薬害ヤコブ病 カルテ開示渋る病院 「本人同意」理由に

2002年 3月12日 毎日 医療過誤 患者に説明怠った 京都府に慰謝料命じる 京都

2000年 11月10日 毎日 損害賠償 死亡は手術が原因との訴え認める 大阪地裁

1999年12月13日 共同 ミスで右手首切断と賠償請求 心臓病の男児の両親 京都地裁

1998年03月14日 毎日 違法血管保存 倫理委承認得ず 成果研究発表

1998年03月08日 毎日 血管を違法凍結保存 無断で 京都府立医大

1998年03月08日 毎日 血管違法凍結保存 追及恐れ意図的に 市民団体

1996年01月30日 朝日 医療過誤訴訟の証拠カルテを書き換え 京都府立医大病院

京都市立病院

2001年 6月28日 共同 手術ミスでまひ、賠償命令 京都市などに6500万円

2001年 4月07日 朝日 京都市立病院で医療ミス3件、計1640万円賠償

2001年 3月30日 共同 出産手術で27年間針残す 病院のミス認め賠償命令

1997年02月19日 共同 23年前に手術針放置と提訴2,000万円の賠償求める

京都第1赤十字病院 (京都市東山区)

2002年 4月09日 読売 仮死状態の出産で障害児、日赤に約9600万円の賠償命令

1998年05月15日 共同 病院で看護婦転落、重傷 扉の先の廊下を撤去 京都市

京都第2赤十字病院 (京都市上京区)

1997年08月01日 共同 MRSA感染死と提訴 赤十字に賠償請求

1997年05月29日 共同 手術遅れたと賠償命令 京都地裁判決

1996年12月25日 共同 「鎮痛剤投与で後遺症」 日赤に損害賠償求める

京都民医連中央病院 (京都市中京区)

2002年 10月16日 時事 培養検査手抜き問題、外部委が解明へ 243人死亡との因果関係など 京都

2002年 10月08日 読売 手抜き検査で病院長辞任、理事長も解任 京都

2002年 9月30日 毎日 虚偽検査 1800件も同様の判定 京都の病院が府に報告

2002年 9月29日 読売 京都の病院、職員対象の寄生虫卵検査も手抜き

2002年 9月28日 読売 京都の病院が細菌検査手抜きして診療報酬を請求

医療法人社団洛和会 (京都市中京区)

2000年 5月12日 共同 手術で後遺症と賠償命令 京都

京都専売病院 (京都市東山区)

2000年 5月19日 毎日 医療判決 悪性リンパしゅの治療ミス認め賠償命じる 京都

国立療養所宇多野病院 (京都市右京区)

2003年 3月13日 時事 無罪不服とし検察控訴 病院毒物混入事件 京都

2003年 2月28日 毎日 毒劇物混入事件 病院医師の被告に無罪判決 京都地裁

2002年12月12日 毎日 毒劇物混入 弁護側が無罪主張し結審 京都地裁・公判

2002年11月14日 毎日 毒劇物混入 アジ化ナトリウムをポットに 京都の医師に求刑

1998年10月30日 共同 医師以外も自由に出入り 京都の毒物混入事件

京都市伏見区の医療法人

1997年12月19日 共同 点滴誤注入で死亡と提訴 京都で1億1,000万円請求

左京区の産婦人科診療所

1999年11月26日 共同 投与に過失と支払い命令 医療過誤で京都地裁

長井整形外科病院 (京都市下京区)

2000年 9月08日 共同 興奮剤投与ミスと賠償命令 京都地裁が病院側に

武田病院 (京都市下京区)

2000年 3月06日 毎日 病室でぼや 京都市の武田病院で 患者が軽いやけど

洛和会音羽病院 (京都市山科区)

2003年 3月30日 共同 点滴ミスで心肺一時停止 京都市の病院、女性患者に

京都市内の医療法人

1998年07月06日 共同 腹に針忘れ後遺症と提訴 京都地裁

宇治徳洲会病院 (宇治市)

2002年12月27日 毎日 医療事故 宇治徳洲会病院の元看護師らを略式起訴 京都区検

2002年 10月03日 共同 看護師ら4人書類送検 徳洲会病院の投薬事故

2002年 3月02日 毎日 宇治徳洲会病院 毒物誤飲で患者死亡 伝票つけず薬渡す

仁心会 宇治川病院 (宇治市)

2002年11月28日 毎日 まひ障害 京都の産婦人科医が事故重ねる 医師を懲戒免職

2002年 3月23日 共同 8歳女児が1年意識不明 京都の病院で注射後

第二岡本総合病院 (宇治市)

2000年 9月20日 共同 がん手術で正常部分を切除 京都府宇治市の病院

都倉病院 (宇治市)

2000年 4月09日 共同 京都の病院でも点滴ミス 一時は呼吸困難に

済生会京都府病院 (長岡京市)

1994年12月09日 朝日 院内感染で治療遅れた 長岡京の親子、病院に580万円訴え

私立長岡病院 (長岡京市)

1997年07月29日 毎日 不正請求 京都の病院が心理カウンセリングで受給

公立山城病院 (木津町)

2000年 7月17日 共同 薬品在庫量の点検なし 准看護婦勤務の公立病院

舞鶴市の国立病院

1995年11月25日 朝日 陣痛促進剤で死亡事故 基準改定後に母子7人 「被害考える会」調査

京北町立国保京北病院

2001年 1月07日 毎日 元准看護士逮捕 筋弛緩剤は医療現場でのトラブルが目立つ

1998年02月27日 朝日 京都府京北町の「安楽死」山中前院長が医療職に復職

1997年12月26日 読売 京北病院の安楽死事件 不起訴 開かれた医療へ 重い教訓残す

1997年12月12日 共同 因果関係立証できず 終末期論議も不発に 安楽死

1997年12月10日 毎日 京北病院 患者への弛緩剤投与、殺人容疑なしで前院長不起訴

1997年04月26日 読売 筋弛緩剤の使用法熟知 安楽死事件

1997年04月20日 毎日 安楽死事件 京北病院前院長を送検へ 殺人容疑で

奈良県

国立奈良病院

1997年06月13日 毎日 結核 仙台の病院で看護婦ら8人集団感染 1人死亡

1996年12月26日 毎日 院内感染で肺結核に 国立奈良病院 医師、看護婦9人

1994年07月21日 朝日 元看護婦らを書類送検 国立奈良病院の患者死亡事故

1994年03月29日 朝日 国立奈良病院の院長らを処分 医療ミスで厚生省

1993年11月24日 朝日 体内に消毒液、患者死亡 洗浄液のつもりで注入 国立奈良病院

県立奈良病院 (奈良市)

2002年11月20日 時事 「適用外の薬品投与で死亡」 県立病院医師らに賠償請求 奈良

1999年12月17日 共同 「誤診で死亡」と提訴 遺族が奈良県に賠償請求

1999年06月10日 共同 医療過誤で県に賠償命令 検査怠ると逆転判決 大阪高裁

1994年10月13日 朝日 「男性死亡は投薬ミス」と遺族が県を訴える 県立奈良病院

国立療養所西奈良病院 (奈良市)

2003年 3月27日 毎日 結核集団感染 7人が感染、男性1人死亡 奈良の病院

2002年12月19日 毎日 肥満児治療訴訟 「足への負担注意怠る」国に賠償金支払い

2002年 7月03日 時事 看護師3人が結核感染 奈良

2002年 5月15日 毎日 管理ミス 入院患者が手袋飲み込み別の病院で開腹手術 奈良

1993年07月02日 朝日 ぜんそくの少年死亡で国と担当医に1,900万円賠償命令 地裁 奈良

奈良県立医大付属病院 (橿原市)

2002年 9月30日 読売 奈良医大の医師派遣汚職、前理事長に執行猶予の判決

2002年 4月30日 共同 収賄の元教授に有罪判決 奈良県立医大の汚職事件 大阪地裁

2002年 4月03日 毎日 医療トラブル 飲み薬と間違え注射液渡す 奈良県立医大病院

2002年 1月22日 毎日 奈良医大汚職 贈賄の医療法人元理事長に有罪判決 大阪地裁

2001年 12月07日 読売 奈良県立医大汚職で元名誉教授ら2人に有罪判決

2001年 3月30日 毎日 奈良医大 収賄罪で起訴の教授を懲戒免職処分に

2001年 3月28日 共同 240万円支払いで和解 保育器内で足にやけど 奈良地裁

2001年 2月27日 毎日 奈良県立医大 博士号取得の謝礼 授受を禁止

2001年 2月14日 毎日 奈良医大汚職 医局員10人が名前貸し 裏金作りに協力

2001年 1月24日 毎日 奈良医大汚職 土肥容疑者が現金授受の隠ぺい工作

2001年 1月23日 毎日 奈良医大汚職 第1内科教授を収賄容疑で逮捕 大阪地検

2000年12月20日 共同 奈良医大元教授ら追起訴 わいろ総額1170万円に 大阪地検

2000年 11月01日 共同 収賄で医大名誉教授を逮捕 医師派遣で280万円 大阪地検

1999年08月10日 時事 奈良県立医大病院で17人が食中毒 給食が原因、患者から

1999年08月03日 毎日 医療和解 解決金1500万円 死亡した女児の両親と奈良

1998年12月28日 共同 研修医 2人が結核感染 奈良県立医大病院

1998年05月13日 共同 330万円の支払い命じる 医療過誤訴訟で奈良県に

1997年12月24日 共同 医局人事の取り消しを命令 奈良地裁で判決

1997年06月24日 時事 痴ほう老人治験の県立医大教授を処分 奈良

1997年03月20日 読売 新薬臨床試験の実施基準 違反医師は氏名公表 厚生省方針

1997年03月16日 毎日 治験 違反医師を厳重チェック 厚生省方針

1997年03月04日 毎日 武田薬品、初めて非を認める 痴呆老人治験

1997年03月01日 毎日 無断で大動脈など摘出 関西医大病院 死体腎移植の提供者から

1997年02月21日 毎日 特養ホームの医薬品治験 「試験段階」の認識が欠如

1997年01月29日 毎日 厚生省 痴呆老人治験の奈良医大 異例の特別調査も

1997年01月21日 毎日 痴呆老人に無断治験 奈良医大教授 親族経営特養ホームで

1997年01月21日 毎日 ひどい 兵庫の特養 無断治験 ばあちゃんは ネズミじゃない

1994年03月10日 朝日 採血検査で患者が死亡、奈良県が4,000万円を賠償

天理よろづ相談所 (天理市)

1998年12月03日 共同 医師に過失なしと津地裁判決 検査薬投与をめぐる訴訟

天理市内の産婦人科医院

1996年03月28日 朝日 医師に1,490万円賠償命令 出産時にミス 奈良地裁判決

秋津鴻池病院 (御所市)

2000年 11月13日 毎日 医療過誤判決 奈良県の医療法人に賠償命令 奈良地裁葛城

奈良県立五條病院

1999年03月09日 時事 県立病院の医師を書類送検 手術ミスで患者が失血死 奈良

奈良社会保険病院 (大和郡山市)

1997年06月07日 朝日 奈良社会保険病院 入院引き延ばし策 院長、収益増狙い通達

東朋香芝病院 (香芝市)

2000年 4月24日 毎日 輸血ミス O型の患者にA型血液を輸血 奈良の病院

大和高田市の病院

2000年 3月23日 共同 謝罪、賠償金支払いで和解 患者死亡の奈良の病院

医療法人拓生会桜井病院

1996年02月24日 朝日 術後ミスで8,800万円 病院と院長に賠償命令 奈良地裁

榛原町立榛原総合病院 (宇陀郡)

1997年12月24日 共同 医局人事の取り消しを命令 奈良地裁で判決

1994年07月29日 朝日 手術後の女性死亡 医療ミスの可能性も 町立榛原総合病院 奈良

大淀町立大淀病院

2002年 4月18日 朝日 看護師の過労死を認定 奈良地裁

下市町内の私立病院

2003年 2月13日 毎日 知的障害者死亡 脳波検査で睡眠剤を投与 奈良の私立病院

向聖台会 当麻病院 (当麻町)

2002年 3月15日 毎日 結核 奈良県の病院で入院患者2人が感染

十津川村営上野地診療所 (吉野郡)

1993年07月15日 朝日 BCG誤接種で5人入院 ツベルクリンと間違う 奈良

和歌山県

和歌山県立医科大

2003年 2月14日 読売 医療事故カルテ盗みHPで告発、病院元助手に有罪

2001年 11月16日 毎日 カルテ流出事件 小児科医が検察側と正反対の証言 和歌山

2000年 10月18日 共同 被告改ざん指示と証言 カルテ流出公判で男性教授 和歌山県立医大

2000年 6月20日 毎日 医療事故 呼吸用チューブ交換で気管傷つき男性死亡 和歌山

2000年 5月10日 毎日 医療提訴 不整脈治療で患者の意向無視と提訴 和歌山

2000年 2月18日 毎日 医療ミス 胎内観察が不十分で子供に障害と 県、賠償金支払

1999年02月24日 共同 看護婦 1人が結核感染 和歌山県立医大病院で

1999年02月10日 朝日 慰謝料 300万円で和解、和歌山・ミルク誤注入事件

1998年05月13日 朝日 和歌山県立医大ミルク誤注入問題で看護婦を送検

1998年01月04日 毎日 和歌山医大病院も再診料徴収 県が改善

1997年07月01日 共同 死亡と因果関係なしと鑑定 和歌山医大のミルク誤注入

1997年06月19日 共同 女児の静脈ミルク注入事故で学内委 和歌山県立医大

1997年05月30日 共同 学長、病院長ら7人処分 ミルク誤注入で和歌山医大

1997年05月21日 共同 写真紛失は盗難の可能性 和歌山医大学長

1997年05月21日 朝日 ミルク誤注入事件 死亡女児のX線写真紛失発覚

1997年03月19日 毎日 ミルク誤注入事件 和歌山医大病院が専門家に調査依頼

1997年03月10日 共同 看護記録改ざんを認める 和歌山医大学長が県議会で

1997年02月21日 毎日 和歌山医大の前院長が事故隠しを謝罪

1997年02月18日 毎日 ミルク注入間違いない 院長が記者会見

1997年02月17日 毎日 院長、両親に事故を全面的に認め陳謝 和歌山県医大病院

1997年02月13日 毎日 ミルク注入事故 両親が看護婦告訴へ 「病院調査に任せられぬ」

1997年02月13日 毎日 和歌山県立医大病院隠匿 処理委員に当時の院長

1997年02月12日 毎日 看護記録、書き換え 「誤注入」を「原因不明」に 和歌山県医大

1997年02月12日 朝日 乳児死亡、医療ミスで再調査

1997年02月12日 毎日 和歌山県立医大事故防止委 耳疑うやりとり 医療過誤

1997年02月12日 毎日 病院ぐるみ 事故隠し 誤ってミルク静脈注入 和歌山県医大

1996年07月14日 日経 盗難? 血液検体が紛失 和歌山の病院 覚せい剤混入

1996年07月12日 毎日 和歌山県立医大病院 ミルクに覚せい剤混入 乳幼児4人が中毒

1993年02月20日 読売 術後MRSA腸炎患者 回答施設の半数以上で

日赤和歌山医療センター (和歌山市)

2000年 11月30日 共同 「毒薬物疑うべき」と遺族 カレー事件訴訟 和歌山地裁

2000年 9月01日 共同 判断、初期治療に落ち度 市と2病院を提訴 毒物カレー事件

2000年 8月20日 時事 日赤の病院食で、患者6人が食中毒 サルモネラ菌を検出 和歌山市

和歌山市立夜間急患センター

1998年03月12日 共同 慰謝料支払いなどで和解 和歌山地裁で

医療法人旭会 和歌浦病院 (和歌山市)

2002年 7月18日 毎日 傷害致死 患者殴り死亡、看護助手を逮捕 和歌山の病院

和歌山労災病院 (和歌山市)

2002年12月04日 共同 和歌山労災病院側に賠償命令 手術ミスで目に障害

中江病院 (和歌山市)

2002年12月12日 毎日 毒物カレー事件 医療過誤訴訟で遺族の請求を棄却 和歌山

2000年 9月01日 共同 判断、初期治療に落ち度 市と2病院を提訴 毒物カレー事件

和歌山市内の三病院

2000年 3月16日 読売 毒カレー事件遺族が「適切な治療怠った」と病院提訴へ

社会保険 紀南総合病院 (田辺市)

2002年 3月19日 共同 病院側に3千万円賠償命令 「説明不足で余命縮める」 和歌山

2000年12月15日 毎日 医療ミス カテーテル検査で空気を注入 紀南総合病院

1997年11月13日 毎日 入院患者25人にサルモネラ菌の症状 和歌山

国保橋本市民病院

2000年 9月13日 共同 和歌山県の橋本市民病院また医療ミス 看護婦が薬剤誤注入

2000年 6月24日 共同 橋本市民病院で手術ミス 左半身まひ、賠償へ 和歌山県

1999年09月12日 毎日 医療過誤 手術で心臓血管に傷 女性患者死亡 和歌山

1997年08月13日 毎日 患者のガーゼにハエの幼虫 和歌山・国保橋本病院

有田市立病院

2001年 4月25日 読売 植物状態で和歌山・有田市に約1億8千万円請求

新宮市立市民病院

1997年12月26日 共同 新宮市民病院の誤診と提訴 長女死亡で両親

海南市民病院

2003年 1月22日 共同 「呼吸器外れ患者死亡」 遺族5人が病院を提訴 海南市民病院

2000年 6月29日 共同 搬送の乳児死亡で和解 和歌山県海南市が1千万円支払いへ

海南市の民間病院

2001年 7月17日 読売 手術ミスで死亡男性の遺族に4300万支払い命令

1997年10月16日 毎日 注射針 和歌山県海南市の病院が適法処理せず市回収ごみへ

高野山町立高野山病院

2000年 5月10日 毎日 医療提訴 不整脈治療で患者の意向無視と提訴 和歌山

国保野上厚生総合病院 (野上町)

2000年 3月15日 毎日 やけど 患者の消毒液に引火 看護士のたばこ 和歌山

国立療養所和歌山病院 (美浜町)

1999年12月24日 毎日 医療訴訟 がん死亡で国と医師に880万円の支払い命じる


用語 A IC
北東 東海 中四
医療関連報道 インデックスに戻る 頁の先頭へ