医療関連報道 用語索引 アルファベット
最終更新日: 2004年07月31日、 アクセスした日: 10月18日

医療関連報道 インデックスに戻る 頁の最後尾へ
北東 中四
用語 A IC

AIDS (エイズ)、HIV (エイズウイルス)

1999年08月26日 共同 ポリオワクチンから感染? エイズウイルスで新説

1998年09月29日 共同 男性 1人が輸血感染の疑い 厚生省エイズ動向委員会

1998年05月26日 毎日 献血血液輸血でHIV感染 86年以降4人目

1997年12月25日 読売 無断でHIV検査、感染と解雇 病院と会社を提訴 日系ブラジル人男性

1997年10月11日 朝日 骨移植治療 HIV感染の恐れ 日本整形外科学会 加熱処理の徹底を

1997年10月01日 朝日 HIV 手術の輸血で感染 国内献血が原因? 3人目

1997年09月30日 朝日 国内で献血された血液の輸血でHIVに感染か

1997年08月06日 朝日 院内採血時 HIV検査 3割の病院 未実施

1997年06月25日 毎日 日赤 血液供給体制やデータ管理、全国で統一されず

1997年06月24日 共同 日赤が汚染血液出荷隠し HIV訴訟で元課長補佐 大阪

1997年06月24日 共同 独医師に有罪判決 エイズ感染輸血で傷害致死

1997年06月13日 毎日 HIV感染 衆院厚生委で毎日新聞報道について質疑

1997年06月10日 毎日 エイズ 日赤の献血で感染した患者に被害補償 厚生省

1997年06月10日 毎日 献血によるHIV感染 自己申告と問診が必要 (ニュース展望)

1997年06月03日 毎日 血液製剤管理簿10年保存を通知 厚生省

1997年05月30日 時事 HIV遺伝子治療を了承 厚生・文部省 「研究段階」強調する説明書に

1997年05月23日 毎日 熊大病院の遺伝子治療 (記者の目)

1997年05月27日 毎日 HIV感染血液 エイズサーベイランス委、輸血感染認める

1997年05月27日 共同 日赤に安全確保要請 PCR導入には数年

1997年05月27日 毎日 エイズ血液輸血 検体の保存期間を延長 追跡調査強化で

1997年05月26日 共同 HIV汚染の疑いで封印 ミドリ十字の血液製剤原料

1997年05月23日 朝日 特報 HIV感染血液を患者に輸血 検査すり抜ける

1997年05月02日 読売 HIV感染、医師が漏らしたと提訴

1997年04月21日 日経 エイズ新療法、仏で効果 昨年10 - 12月、前年比で死者半減

1997年04月16日 毎日 エイズで結核併発患者の救急車搬送拒否 宇都宮

1997年04月15日 共同 病院提訴のタイ人女性死亡 HIV理由の手術拒否で 甲府

ALS (筋委縮性側索硬化症)

1997年06月16日 読売 難病治療・ケアに新たな光 (からだの百景)

AVM → 脳動静脈奇形

CJD (クロイツフェルト・ヤコブ病)

1999年12月01日 読売 ヤコブ感染防止で英国帰りの献血制限

1999年06月08日 共同 厚相らに救済などを要望 ヤコブ病患者の家族

1999年02月19日 朝日 ヤコブ病患者からの血液製剤で厚生省が新方針

1998年06月09日 共同 ヤコブ訴訟で厚生省に陳情 13日に電話相談も

1998年03月24日 共同 ヤコブ病感染で追加提訴 5患者分で4億円請求

1998年01月23日 毎日 ヤコブ病 汚染試薬を108人の患者に使用 香港

1997年12月15日 共同 CJD病患者の血液が混入 アイルランドで診断薬回収

1997年12月11日 読売 白血球から感染の恐れ ヤコブ病、英で警告

1997年10月22日 共同 新たに4人ヤコブ病感染か 脳神経外科学会が調査

1997年10月15日 読売 「1例だけ」の対応に差 欧米より拡大した被害 (医療ルネサンス)

1997年10月09日 毎日 ヤコブ病 患者の血液製剤回収を指示 厚生省

1997年09月13日 時事 「ヤコブ病110番」に相談130件 「予想以上」と訴訟弁護団 京都

1997年09月10日 共同 献血したCJD患者1人増 血液製剤は既に期限切れ

1997年08月28日 読売 ヤコブ病 硬膜移植さらに3患者 「発症と因果」強まる

1997年08月27日 読売 ヤコブ病患者血液利用の血液製剤 厚生省、回収指示

1997年08月24日 読売 ヤコブ病患者 10人に献血歴 製剤・輸血に使用

1997年07月15日 読売 ヤコブ病集団提訴へ 首都圏患者ら 厚生省の責任問う

1997年06月07日 読売 ヤコブ病問題 独社の硬膜引き揚げ指示 FDA警告の2年後

1997年06月05日 日経 ヤコブ病患者 集団提訴 下旬にも 「厚生省の責任明確に」

1997年05月25日 読売 「ヤコブ病禍」さらに1人 硬膜移植の女性死亡 発症者44人に

1997年05月21日 朝日 ヤコブ病集団訴訟へ 滋賀県で代理人が全国に呼びかけ

1997年05月07日 読売 ヤコブ病 87年、厚生省に危険情報 対策の遅れ認める

1997年04月30日 読売 京大 人工硬膜を開発 ヤコブ病の感染原因? 乾燥硬膜の代替品

1997年04月22日 毎日 ヤコブ病 硬膜移植で大量発生 厚生省、研究班報告

1997年04月22日 日経 硬膜移植でヤコブ病感染 厚生省研究者、87年指摘

1997年04月21日 読売 硬膜移植患者に正確な情報提供 厚生省専門委

1997年04月11日 読売 血液製剤を自主回収 ヤコブ病患者献血使用

1997年04月11日 読売 硬膜移植でヤコブ病感染 対策遅れ原因調査 厚生次官表明

1997年04月05日 読売 ヤコブ病感染 「警告知らなかった」 担当医

1997年04月04日 読売 ヤコブ病対策導入後も 在庫の古い硬膜出荷

1997年04月04日 読売 硬膜移植とヤコブ病 因果関係濃厚に 厚生省の研究班報告

1997年03月28日 朝日 輸入硬膜の使用を禁止 ヤコブ病の原因の可能性

1997年02月24日 読売 大津でヤコブ病感染の薬害訴訟始まる

1996年11月21日 朝日 「脳硬膜移植でヤコブ病に」 女性患者、薬害と提訴 大津

DEHP (フタル酸ジエチルヘキシル)

2002年 10月31日 共同 医療用具から毒性物質溶出 塩ビ可塑剤のDEHP 厚労省調査

DIC (播種性血管内血液凝固症候群)

1998年10月01日 毎日 松江赤十字病院 血液型間違い輸血、死亡

1994年01月05日 朝日 肝移植患者が死亡 九大 大量出血、手術後73日

1993年02月28日 朝日 輸血ミスで死亡 O型患者にB型 東京・稲城の病院

ERCP → 内視鏡「逆行性すい肝管造影法検査」

G-CSF製剤 (好中球減少症治療薬)
医薬品副作用情報 No. 138 1996年5月
医薬品等安全性情報 No. 147 1998年 3月

2003年 2月10日 共同 提供者が白血病で死亡 末しょう血幹細胞移植で

1998年03月30日 毎日 医薬品等安全性情報 「骨セメント」を使用した患者17人死亡

1997年10月06日 毎日 がん副作用抑制薬 適用拡大申請をメーカーに指示 厚生省

1997年10月03日 朝日 愛知の医師が抗がん剤の副作用抑制薬の保険適用拡大を

1997年07月23日 日経 抗がん剤副作用抑制剤の使用 厚生省に承認要望 愛知の専門医

1996年08月02日 日経 間質性肺炎併発も 化学療法併用薬で45例 厚生省が注意促す

GCP (医薬品の臨床試験の実施に関する基準)

1997年03月31日 共同 事前に相談受け計画調査 厚生省が臨床試験に新制度

1997年03月20日 読売 新薬臨床試験の実施基準 違反医師は氏名公表 厚生省方針

1997年03月16日 毎日 治験 違反医師を厳重チェック 厚生省方針

1997年03月13日 読売 製薬会社に治験の責任 中央薬事審

1997年03月09日 毎日 臨床試験 医師への遠慮は無用 (なっとく医療講座)

1997年03月04日 毎日 武田薬品、初めて非を認める 痴呆老人治験

1997年02月21日 毎日 特養ホームの医薬品治験 「試験段階」の認識が欠如

1997年02月19日 共同 患者の文書同意を義務付け 治験基準改正案まとまる

1997年01月30日 共同 新治験基準を試験実施 厚生省が2病院で

1997年01月29日 毎日 厚生省 痴呆老人治験の奈良医大 異例の特別調査も

1997年01月25日 日経 臨床試験の被験者保護 医師の責任規定不十分 (薬 よろず相談)

1997年01月21日 毎日 痴呆老人に無断治験 奈良医大教授 親族経営特養ホームで

1994年08月11日 朝日 「妻は命の限り生きた」夫、無念 闘病克明に記録 抗がん剤逸脱治験

1994年08月10日 朝日 抗がん剤、「要綱」に違反し治験 愛知県がんセンターで87・88年

1994年08月10日 朝日 抗がん剤「規定」無視 危険ラインで投薬続行 愛知県がんセンター

1993年06月27日 朝日 治験薬投与、初の提訴へ 遺族が主治医ら相手に 愛知

Ge-132 (有機ゲルマニウム)厚生省報道 97/04/10

1997年04月10日 読売 有機ゲルマニウム、無許可製造で告発

GS4104

1997年01月29日 毎日 インフルエンザに万能薬 香港型もソ連型も 米で開発、臨床試験へ

GVHD (移植片対宿主病)
医薬品副作用情報 No. 137 1996年3月
医薬品副作用情報 No. 142 1997年4月

2000年 11月17日 毎日 血液製剤判決 湘南病院の過失認める、横浜地裁

1998年06月19日 毎日 日赤 GVHD防止の照射済み血液の販売

1997年06月24日 読売 「臍帯血バンク」研究班 小児白血病治療で脚光

1997年06月16日 読売 難病治療・ケアに新たな光 (からだの百景)

1997年06月14日 毎日 輸血感染 放射線照射 「死」見過ごすおごり

1997年04月10日 共同 免疫抑制剤投与で脳症に 95年以降、移植患者3人

1997年03月14日 朝日 輸血障害を起こしているPL法 (論壇)

1996年12月21日 毎日 輸血血液原因 7人死亡 対策に放射線照射拡大 厚生省薬事審

1996年12月21日 日経 妊娠中絶薬・輸血血液で副作用 緊急情報配布を指示 厚生省

1996年12月10日 日経 厚生省警告後5人死亡 輸血で発症GVHD 放射線予防が不徹底

1996年12月10日 中日 輸血後GVHD 日赤の予防措置5.5%だけ 放射線 全体でも7割未照射

1996年04月17日 朝日 副作用情報の遅れで妹失う (声)

1994年06月15日 朝日 輸血の危険避けるには… インフォームドコンセント (リポート94)

HMO (会員制健康医療団体)

1997年07月04日 日経 会員制医療団体 HMO 米で法規制の動き 「コスト減、質低下招く」

ITP (突発性血小板減少性紫斑病)

1998年01月13日 共同 病院側に3,000万円賠償命令 輸血で医師の過失認定

LMD (Let me decide; 自分で決める自分の医療)

1997年05月29日 朝日 自分の治療 自分で決めて 広がるLMD

MDS → 骨髄異形成症候群

MRSA → メチシリン耐性黄色ブドウ球菌

O157 (病原性大腸菌)

2000年 6月20日 朝日 神奈川の温泉病院などでO157集団感染の疑い

1997年09月04日 共同 岡山労災病院幹部を懲戒 O157集団食中毒で

1997年08月21日 毎日 O157 堺市の集団中毒報告書 補償基準に疑念生じさせ

1997年07月23日 共同 冷やしそばからO157 岡山労災病院の食中毒

1997年07月22日 朝日 抗生物質効かぬO157 約3割に「耐性」 計9都府県に拡大

1997年07月01日 共同 調理済み料理も保存せず O157の岡山労災病院

1997年06月26日 共同 ベロ毒素中和剤に期待 抗生物質投与には賛否 加の臨床試験

1997年06月25日 読売 岡山の労災病院でO-157

1997年06月16日 毎日 O157禍 看護婦が院内感染? 入院女児担当し 福島

1997年06月12日 共同 「補償金は税金」と圧力 O157禍の保護者反発

1997年06月03日 毎日 O157 発生情報の内容、都道府県ごとに大きな格差

1997年04月28日 日経 O157無毒化 治療薬開発が活発化

1997年03月24日 読売 治療経過を同時発信 (感染症新事情 4 問われる危機管理)

1996年07月20日 毎日 O157 専門家の警告 黙殺 厚生省、遅れた感染症対策

PL法 → 製造物責任法 (PL法)

PRK手術 (レーザー屈折矯正手術) 医薬品副作用情報 No. 138 1996年5月

1998年01月19日 読売 近視矯正手術 光と影 レーザー照射法で簡便に

1997年11月03日 毎日 近視矯正手術 1万件を突破 都内のクリニック

1994年10月18日 朝日 メス使うRK すでに2万人 (手術で近視が治る: 上)

QOL; Quality of Life (生活の質)

2001年 2月28日 読売 患者の「クオリティー・オブ・ライフ」認める判決

RK手術 (角膜放射状切開手術)

2002年 9月03日 共同 近視の矯正手術で老眼に 医師らに賠償命令 東京地裁

2002年 8月29日 朝日 近視矯正手術で視力低下、1億円の賠償命ず 大阪地裁

2002年 8月28日 共同 視力矯正手術で賠償命令 障害との因果関係認める

1998年09月28日 毎日 近視矯正 RK手術で後遺症 総額 1億円の賠償命令 大阪

1998年04月22日 共同 医師に300万円の賠償命令 視力矯正手術で岡山地裁

1998年01月19日 読売 近視矯正手術 光と影 レーザー照射法で簡便に

1997年11月03日 毎日 近視矯正手術 1万件を突破 都内のクリニック

1994年10月18日 朝日 メス使うRK すでに2万人 (手術で近視が治る: 上)

1993年10月09日 朝日 近視矯正手術失敗で29人が美容会社を集団提訴 大阪

1993年09月27日 朝日 近視手術ミス提訴へ 後遺症残った患者10人 大阪

SIDS → 乳幼児突然死症候群

TMLR (心筋内血行再建術)

1997年04月14日 読売 虚血性心疾患に新治療法 レーザー手術で血行再建

VRE (バンコマイシン耐性菌)

1998年07月15日 共同 VRE感染対策を徹底 四国の病院長が会見

1998年07月14日 毎日 抗生物質が効かない耐性腸球菌に国内で8人が感染

1997年06月02日 読売 万能な抗菌薬が逆効果 高度医療の死角 (感染症新事情)

1997年03月28日 共同 抗菌剤多用で耐性菌まん延 厚生省専門家会議が警告


用語 A IC
北東 中四
頁の先頭へ 医療関連報道 インデックスに戻る