医療関連報道 用語索引 す・せ・そ
最終更新日: 2004年09月24日、 アクセスした日: 12月13日

医療関連報道 インデックスに戻る 頁の最後尾へ
北東 中四
用語 A IC

髄液検査

1993年08月17日 朝日 娘の死亡は検査ミス 尼崎の夫妻が病院を訴え

膵炎

2002年 8月22日 共同 判断ミスで死亡と賠償請求 遺族が旭川赤十字病院に

水頭症

2003年 2月06日 時事 脳手術ミスで左半身まひ 挿入管が神経損傷 松江市立病院

1998年08月05日 共同 青森県に 7,000万賠償命じる 医療過誤で1審取り消し

髄膜炎

2000年 8月18日 朝日 未熟児5人が髄膜炎に 院内感染か? 国立甲府病院

1998年10月21日 共同 吹田市の医院長に 1億円支払い命令 脳炎の治療遅れで後遺症

1997年03月24日 時事 松戸市に4,300万円余支払い命令 病院側の診療ミス認める 東京地裁

睡眠導入剤

2001年 7月26日 朝日 睡眠導入剤で意識障害や肝障害 厚労省注意喚起

2000年 8月14日 時事 睡眠導入剤投与直後に死亡 広尾病院で都内の主婦 東京

スティーブンス・ジョンソン症候群 (SJS、皮膚粘膜眼症候群)

2003年 2月13日 毎日 風邪薬副作用 死亡女性遺族がメーカー相手どり訴訟 横浜

2002年12月05日 毎日 副作用 SJS患者 被害者救済制度の適用、2割に満たず

2002年11月08日 朝日 発疹出たらSJS疑え 最高裁、医師勝訴の高裁判決破棄

2002年 5月30日 共同 抗生物質で薬疹、ショック 厚労省が安全性情報

2002年 5月09日 毎日 医療ミス判決 大分県に2900万円の支払い命じる

2001年 8月28日 共同 説明怠ったと医師を提訴へ 山形、6760万円求め

2001年 2月13日 共同 重症薬疹が1500件 医薬品の副作用 厚生労働省が回答

2000年 11月30日 共同 重症薬疹、3年で900件 72人が死亡と安全性情報 厚生省

1994年01月20日 朝日 「副作用で失明」と提訴 抗生物質コスモシン 病院を園児と両親

1993年12月27日 朝日 抗マラリア剤で失明状態 教授、公務災害に 文部省認定

1993年12月02日 朝日 副作用の抗マラリア薬 添付書を改訂へ 厚生省指導

1993年11月05日 朝日 「手術後の視力低下、投薬ミスが原因」 守谷の男性が訴え 茨城

ステロイド剤 (副腎皮質ホルモン)

2003年 2月14日 共同 県に9500万円賠償命令 感染症予防措置怠る 盛岡地裁

1999年06月29日 共同 国が 300万円の賠償金 アトピー治療めぐる訴訟で 大阪地裁

1999年06月10日 共同 医療過誤で県に賠償命令 検査怠ると逆転判決 大阪高裁

1997年12月11日 朝日 視神経炎の治療に「ステロイドは特効薬ではない」

1997年08月06日 朝日 しのびよる薬害!?〜急増するアトピー重症患者

1997年03月07日 共同 枚方市が和解金2,200万 皮膚病治療で妻が死亡

1996年07月12日 日経 アトピー患者 リバウンド被害深刻に ステロイド剤中止で悪化

1994年10月13日 朝日 「男性死亡は投薬ミス」と遺族が県を訴える 県立奈良病院

1993年07月02日 朝日 ぜんそくの少年死亡で国と担当医に1,900万円賠償命令 地裁 奈良

ステロイド剤「リンデロン」

1996年02月05日 朝日 妊婦、副作用で植物状態 胎児は死亡 東大病院がステロイド剤を注射

1996年02月04日 毎日 副作用で妊婦 植物状態 東大病院 ステロイド剤「適応外使用

1996年02月04日 毎日 名前も決めていたのに 東大病院 三つ子の命奪われた父親

ステロイド剤 「ソル・コーテフ 500」

1998年08月20日 読売 木片混入で注射剤回収

スモン

1997年01月12日 日経 薬害はなぜなくならないか 浜 六郎著 悲劇の必然性淡々と描く

1996年12月26日 毎日 「スモン」全面和解 初提訴以来25年ぶりに

1995年04月15日 朝日 スモン(戦後50年 メディアの検証: 11)

1993年11月06日 朝日 抗がん剤と抗ウイルス剤の併用、死者6人に 添付文書の再改定指導

すり傷

1994年04月14日 朝日 「コスモシン投与で死亡」 大阪で両親提訴

性交不能症治療薬 「バイアグラ」

医薬品等安全性情報 149号 (98/8/27)

2000年 3月17日 毎日 バイアグラ 服用者522人が死亡の記事は誤り 販売元が見解

1999年08月30日 毎日 バイアグラ 副作用が33件あり、うち2人が死亡 厚生省

1999年05月27日 朝日 バイアグラ、抗生物質との併用注意

1999年02月23日 朝日 バイアグラ、心臓病薬との併用の危険で提言

1999年02月20日 朝日 バイアグラで目に副作用?

1999年02月04日 毎日 バイアグラ 服用死に注意 ニトロ製剤との併用は絶対に避ける

1998年08月27日 毎日 治療薬副作用 胃かいよう用などで患者死亡 厚生省が注意

1998年07月17日 朝日 バイアグラで初の損害賠償訴訟

1998年07月15日 朝日 バイアグラ服用後に60代の男性が死亡 国内初

1998年06月10日 朝日 バイアグラ服用者16人が死亡、因果関係は不明

1998年05月23日 共同 FDAが調査開始 不能症の薬服用者の死亡で

精神安定剤

2002年 8月29日 朝日 長期服用でまぶたがけいれん 精神安定剤エチゾラム

2000年 9月27日 共同 脳血管治療薬で腎障害 厚生省が注意呼び掛け

精神保健法

1994年04月24日 朝日 甘かった県の指導 虚偽報告うのみ 秦野の精神病院乱脈診療

製造物責任法 (PL法)

2003年 3月20日 読売 人工呼吸の乳児死亡、都立病院医師・会社側に賠償命令

2002年 8月21日 共同 中国製「漢方薬で腎障害」と提訴 PL法に基づき賠償請求

1998年10月08日 共同 漢方薬で腎不全と提訴 PL法で損害賠償求める

1998年07月23日 共同 術後死亡は縫合糸の欠陥か 遺族がPL法で業者提訴

1997年06月25日 毎日 日赤 血液供給体制やデータ管理、全国で統一されず

1997年06月20日 日経 血液事業に関する法 厚生省に制定を提言 東京HIV訴訟弁護団

1997年03月14日 朝日 輸血障害を起こしているPL法 (論壇)

1997年01月21日 毎日 厚生省 薬の国家検定縮小へ 安全への責任薄める

1996年01月23日 朝日 慣行論通用しない 麻酔事故訴訟上告審判決で福島雅典氏

1994年06月15日 朝日 輸血の危険避けるには… インフォームドコンセント (リポート94)

整形

2002年11月20日 共同 手術ミスで4千万賠償命令 さいたま地裁

2002年 3月29日 共同 「けん引治療で後遺症」 長崎の女性が賠償求め提訴

2002年 3月14日 時事 兵庫県に4900万円支払い命令 県立病院の医療過誤訴訟 神戸地裁

性転換手術

2002年 4月25日 共同 美容外科院長に賠償命令 鼻の手術で後遺症

2002年 4月02日 朝日 性転換手術後に急死、美容整形の女性も 大阪の形成外科

正露丸

2000年 6月20日 共同 「保健室に正露丸やめて」 12都道府県教委に要望

2000年 1月31日 毎日 正露丸 19社に販売中止求める要望書提出 市民グループ

セカンド オピニオン (他の医療機関の医師の意見)

1997年06月23日 読売 一生左右する治療法 患者の積極姿勢大切 (医療ルネサンス)

1997年05月10日 読売 1回の診断うのみせずに

1997年03月02日 朝日 セカンドオピニオン 下 患者が選ぶ「自分の治療法」

1997年02月23日 朝日 セカンドオピニオン 中 カルテ貸し出し「当たり前」

1997年02月16日 朝日 セカンドオピニオン 上 がん治療に「第2の医師」の意見 最適療法選択

1996年11月20日 毎日 がん論争 患者、家族に医療不信 波紋広げる「闘うな」説

1996年10月28日 中日 セカンドオピニオン (辛口診断)

せき髄

1999年12月08日 共同 医療過誤で大阪市が賠償 3人に計4600万円

1999年08月23日 共同 「医療ミスで車いす生活」 賠償求め新潟地裁に提訴

1998年01月20日 共同 「手術で後遺症」と提訴 山梨の夫婦が県を

1997年02月24日 読売 大津でヤコブ病感染の薬害訴訟始まる

脊柱側わん症

1993年02月25日 朝日 術後死亡、2,500万円の賠償金 91年、熊本市民病院

脊椎

2003年 3月11日 読売 治療ミスで下半身まひ、病院に7180万円賠償判決 兵庫

セクシュアル・ハラスメント

1999年10月06日 毎日 セクハラ訴訟 開業医に600万円の支払い命じる 大阪地裁

ぜんそく

2001年 8月23日 朝日 ぜんそく治療薬で死亡例 厚労省が製薬メーカー指導

2000年 6月16日 共同 遺族の請求を棄却 ぜんそく死で名古屋地裁

1997年10月29日 共同 開業医に6,800万支払え 救命措置めぐり大阪高裁

1996年07月24日 朝日 治療ミス認め、県に賠償命令 神戸地裁尼崎支部

1994年12月31日 朝日 投薬ミス、男性死亡 北九州市立医療センター、遺族に賠償へ

ぜん息治療薬「β刺激薬定量噴霧式吸入剤」

1997年03月22日 毎日 副作用 ぜん息治療薬過剰投与で11人死亡? 厚生省研

ぜん息治療薬「ネオフィリン」

1996年10月02日 朝日 息子の脳障害は医療ミス 両親が広島市民病院に損害賠償請求

ぜんそく治療薬 「ブロニカ錠」医薬品等安全性情報 No. 147 1998年 3月

1998年03月30日 毎日 医薬品等安全性情報 「骨セメント」を使用した患者17人死亡

1998年03月19日 毎日 ぜんそく治療薬 武田薬品「重大な副作用」明記 説明文を改訂

ぜん息治療薬 「ベロテックエロゾル」 (臭化水素酸フェノテロール)

1998年11月06日 読売 副作用ぜん息薬、販売量減で死者も減

1997年10月12日 読売 安全性不確実な薬の使用には慎重さ必要 (医療ルネサンス)

1997年10月11日 読売 発作時の「β刺激薬」 過剰使用で死亡例も (医療ルネサンス)

1997年08月02日 読売 慎重に使えば良い薬なのに (いのち)

1997年08月02日 読売 知られていない薬の危険性 (いのち)

1997年07月05日 日経 市民団体が副作用指摘 スプレーぜんそく薬 販売元「販売は継続」

1997年07月02日 日経 開示遅れ 副作用死広がる 抗がん剤「塩酸イリノテカン」で39人

1997年06月16日 日経 気管支拡張剤 心臓刺激の強い薬 中止を (病院で聞く言葉)

1997年06月09日 共同 ヤコブ病調査など申し入れ 厚生省に薬害監視会議

1997年06月09日 朝日 ぜんそく治療薬の一時販売停止申し入れ 民間薬害組織

1997年06月09日 読売 喘息薬 使いすぎに注意 気管支拡張薬「フェノテロール製剤」で死亡例

1997年05月30日 共同 主成分が半分の薬剤販売へ 死者出たぜんそく抑制薬

1997年05月19日 読売 ぜんそく抑制剤「フェノテロール」 心停止など副作用の危険

1997年03月22日 毎日 副作用 ぜん息治療薬過剰投与で11人死亡? 厚生省研

造影検査

2002年 10月25日 共同 3百万円支払いで和解 医療過誤訴訟で新潟市 東京高裁

2002年 7月28日 毎日 医療事故 造影剤で死亡 解剖の3年後に院長書類送検 佐賀

2002年 1月28日 朝日 医療過誤認め帝京大に1億7千万円賠償命令 東京地裁

2000年 9月07日 読売 埼玉の医療ミス訴訟、最高裁が2審判決破棄

1999年10月08日 毎日 医療過誤 熊本赤十字病院の事故で日赤に支払命令 熊本地裁

1998年08月27日 共同 山形県に6,000万円賠償請求 県立病院で医療ミスと遺族

1998年01月07日 共同 「検査ミスで死亡」と提訴 人形劇団代表の遺族

1997年12月02日 共同 津医療生協を提訴へ 津地裁

1997年07月23日 毎日 関西医大病院 治験患者を間違え、MRI造影剤を投与

1997年02月27日 毎日 造影検査ミスで示談金1,100万円 兵庫県

造影剤「ガトペンテト酸ジメグルミン製剤」(商品名・マグネビスト)

1997年06月23日 毎日 造影剤投与で3人ショック死の疑い

造影剤 「非イオン性」

1996年02月04日 朝日 薬の副作用、皮膚にも出る 「薬疹」の報告が急増 重症だと死亡も

造影剤 「モイオパミン」

1999年04月14日 読売 欠陥造影剤を内々に処分

早産治療薬「塩酸リトドリン (商品名・ウテメリン) 」
医薬品等安全性情報 148号 1998年 6月

1998年06月11日 朝日 副作用でエパルレスタットなど厚生省が注意喚起

卒後研修

1997年03月18日 毎日 卒業後の臨床研修必修化へ 文部・厚生両省が協議

ソリブジン (抗ウイルス剤)

1998年09月25日 共同 日本商事と昭和薬品が合併 アズウェル、1日に発足

1998年03月24日 毎日 ソリブジン薬禍訴訟 初の和解成立 横浜

1998年03月06日 毎日 合併 医薬品卸業の日本商事と昭和薬品 新会社名アズウェル

1997年09月10日 朝日 医師の「常識」が招く死 投与時の警告守られず (薬 医療改革を前に)

1997年07月02日 日経 開示遅れ 副作用死広がる 抗がん剤「塩酸イリノテカン」で39人

1997年05月26日 朝日 新薬治験の情報公開 症例報告や医療機関名 厚生省方針

1997年03月31日 共同 事前に相談受け計画調査 厚生省が臨床試験に新制度

1997年02月21日 毎日 特養ホームの医薬品治験 「試験段階」の認識が欠如

1997年01月30日 共同 新治験基準を試験実施 厚生省が2病院で

1996年04月17日 朝日 副作用情報の遅れで妹失う (声)

1996年03月13日 日経 製薬協 除名含め処分も ミドリ十字など 倫理委で検討

1994年11月19日 朝日 ソリブジン薬害の遺族、投与の医師を提訴へ

1994年10月21日 朝日 副作用死が相次ぐ 投与方法、守らぬ例も 抗がん剤塩酸イリノテカン

1994年09月02日 朝日 「責任、メーカーだけか」 遺族は医師に治験に不信 日本商事処分

1994年07月04日 朝日 生死の境20日間 患者3人、後遺症で歩行困難も ソリブジン副作用

1993年12月29日 朝日 ソリブジン薬害 日医「製薬会社に責任」 各医師会へ通知の文書

1993年12月06日 朝日 抗がん新薬 臨床試験で20人死亡 副作用の警告あいまい

1993年12月04日 朝日 「医師の協力得られず」 実は不在で会えず 15人目の死亡例

1993年11月06日 朝日 抗がん剤と抗ウイルス剤の併用、死者6人に 添付文書の再改定指導

1993年10月25日 朝日 併用薬見せたが医師は「大丈夫」 抗ウイルス剤で死亡の女性


用語 A IC
北東 中四
頁の先頭へ 医療関連報道 インデックスに戻る