医療関連報道 用語索引 ら行
最終更新日: 2003年02月 2日、 アクセスした日: 10月19日

医療関連報道 インデックスに戻る 頁の最後尾へ
北東 中四
用語 A IC

ラテックス

99/02/26 医薬品等安全性情報 152号
1999年02月26日 朝日 膣内感染症治療薬とラテックスコンドームの併用は要注意

卵巣

2000年 1月13日 毎日 医療訴訟 ミスが原因で死亡と遺族が国を提訴 山口地裁

1998年01月09日 毎日 卵巣摘出手術で尿官に損傷 福岡県立病院

リウマチ

1997年05月01日 毎日 難病治療 副作用不報告4割以上 適応対象外医薬品使用の医師

1997年03月01日 読売 リウマチ発症 G型肝炎ウイルス関与? 聖マリアンナ医大研究

リスボン宣言 (患者の権利に関する改正)

1996年11月03日 日経 不信の症候群(3) 閉ざされた情報 「患者不在」 訴訟も多発

1996年09月03日 朝日 医療情報の公開へ風穴 市民運動、開示を求め成果

緑内障

1997年01月27日 朝日 医療事故の現場から 1 「注射なら」と投薬、死亡 サイン見逃し

臨床試験 (治験) = 人体実験

2002年 3月01日 共同 日本新薬と医師を東京地裁に提訴 治験薬の副作用で死亡と

2002年 1月30日 時事 同意書なしの臨床試験は違法 医師らに75万円賠償命令 大阪地裁

2000年 7月11日 朝日 がんの新薬治験で26人死亡 米オクラホマ大

2000年 3月24日 朝日 愛知抗がん剤治験訴訟で県と医師に3400万円賠償命令

1999年11月19日 共同 がん治験薬訴訟が結審 名古屋地裁で来春判決へ

1999年09月04日 朝日 実験せず試作の軟こう薬の患者投与依頼 日本臓器

1998年11月21日 毎日 臨床試験 急性白血病治療薬で死亡 15例明示せず

1997年09月20日 朝日 米、海外でエイズ治療実験 過去2年間

1997年07月23日 毎日 関西医大病院 治験患者を間違え、MRI造影剤を投与

1997年06月11日 読売 孤児院で人体実験 「25年間」 豪紙報道 数百人、ワクチン投与

1997年06月24日 時事 痴ほう老人治験の県立医大教授を処分 奈良

1997年05月26日 朝日 新薬治験の情報公開 症例報告や医療機関名 厚生省方針

1997年03月31日 共同 事前に相談受け計画調査 厚生省が臨床試験に新制度

1997年03月16日 毎日 治験 違反医師を厳重チェック 厚生省方針

1997年03月16日 朝日 脳卒中後遺症の薬に副作用?

1997年03月09日 毎日 臨床試験 医師への遠慮は無用 (なっとく医療講座)

1997年03月04日 毎日 武田薬品、初めて非を認める 痴呆老人治験

1997年02月21日 毎日 特養ホームの医薬品治験 「試験段階」の認識が欠如

1997年02月19日 共同 患者の文書同意を義務付け 治験基準改正案まとまる

1997年02月06日 読売 汚職防止で新薬治験のルール通知

1997年02月01日 日経 臨床試験 患者人権保護へ法改正 書面同意義務付け

1997年01月30日 共同 新治験基準を試験実施 厚生省が 2病院で

1997年01月29日 毎日 厚生省 痴呆老人治験の奈良医大 異例の特別調査も

1997年01月25日 日経 臨床試験の被験者保護 医師の責任規定不十分 (薬 よろず相談)

1997年01月21日 毎日 痴呆老人に無断治験 奈良医大教授 親族経営特養ホームで

1997年01月21日 毎日 ひどい老人実験 兵庫の特養・無断治験 ばあちゃんはネズミじゃない

1997年01月12日 日経 薬害はなぜなくならないか 浜 六郎著 悲劇の必然性淡々と描く

1996年12月19日 朝日 臨床試験に報酬のルールを 「陰で謝礼」の根、絶て

1996年11月20日 毎日 がん論争 患者、家族に医療不信 波紋広げる「闘うな」説

1996年11月20日 毎日 基本的に合法 「ヘラルド・トリビューン」より

1996年11月07日 毎日 治験から承認透明化 医療機関を直接査察 厚生省が具体案

1996年11月02日 中日 がん臨床試験に指針 『文書での患者同意』必要 癌治療学会が報告

1994年10月21日 朝日 副作用死が相次ぐ 投与方法、守らぬ例も 抗がん剤塩酸イリノテカン

1994年09月02日 朝日 「責任、メーカーだけか」 遺族は医師に治験に不信 日本商事処分

1994年08月11日 朝日 抗がん剤治験中死亡した患者の夫、綴り続けた闘病記録

1994年08月11日 朝日 「妻は命の限り生きた」夫、無念 闘病克明に記録 抗がん剤逸脱治験

1994年08月10日 朝日 抗がん剤、「要綱」に違反し治験 愛知県がんセンターで87・88年

1994年08月10日 朝日 抗がん剤「規定」無視 危険ラインで投薬続行 愛知県がんセンター

1994年01月19日 朝日 副作用が問題の抗がん剤 死亡例、添付文書に 病院も限定

1993年12月06日 朝日 抗がん新薬 臨床試験で20人死亡 副作用の警告あいまい

1993年07月06日 朝日 遺族が賠償求め提訴 「患者側へ説明なし」 治験薬投与

1993年06月27日 朝日 治験薬投与、初の提訴へ 遺族が主治医ら相手に 愛知

リンパ球厚生省 「竜岡門クリニックが製造したリンパ球液」 (98/10/15)

1999年01月08日 読売 買血リンパ球、1万人以上に投与

1998年11月30日 共同 国立大付属5病院が投与 リンパ球液、審査も不十分

1998年11月05日 共同 薬事法違反で社長ら再逮捕 リンパ球液を無許可製造

1998年11月03日 読売 リンパ球投与直後に C型急性肝炎

1998年11月02日 共同 患者 1万人 医師に戸惑い リンパ球液の無免許投与

1998年10月28日 読売 売血リンパ球、渋谷の診療所も抽出

1998年10月26日 毎日 竜岡門クリニック事件「科学」装う商法に憤り (記者の目)

1998年10月23日 共同 石川県立中央病院でも投与 無免許リンパ球液事件

1998年10月20日 読売 輸血の危険性がなぜ分からぬ (社説)

1998年10月20日 読売 売血リンパ球液、国立 4施設で投与

1998年10月19日 読売 売血リンパ球液を捜索後も製造

1998年10月16日 読売 売血リンパ球 10国公立病院が投与

1998年10月16日 読売 後悔 苦悩 開き直り … リンパ球投与 医師たち

1998年10月15日 読売 売血リンパ球液「副作用ない」とウソ

1998年10月15日 読売 売血事件で患者の健康被害調査へ

1998年10月14日 読売 無医師診療所、売血でリンパ球液製造

レセプト (診療報酬請求明細書)

2001年 12月18日 共同 レセプト公開で確定 兵庫県側の上告棄却

1999年02月25日 朝日 医療費の不正請求で医師に倍賞命令、レセプト根拠に暴く

1997年10月14日 朝日 「医療不正」訴訟 東京地裁に移送へ

1997年09月02日 東京 レセプト開示スタート 宇都宮市

1997年08月26日 朝日 「医療費不正」と提訴 都内の主婦 レセプトで点検

1997年06月26日 朝日 レセプト開示で信頼の医療を

1997年06月26日 読売 レセプト、一転開示へ 厚生省方針受け 宇都宮市

1997年06月25日 朝日 レセプト開示 医療透明化に期待 医療側、トラブル懸念も

1997年06月25日 朝日 診療報酬明細の開示決定 厚生省きょうにも通知 本人・代理人請求で

1997年06月08日 日経 治療の費用明細求め始めた患者 医師の無駄遣い監視

1997年06月03日 読売 非公式協議の場設置へ レセプト開示めぐり小山市

1997年05月29日 読売 レセプト開示決定の小山市に 地元医師会が抗議

1997年05月13日 朝日 レセプト開示へ 患者もチェックしよう

1997年05月01日 共同 大阪府がレセプト開示 都道府県で初めて

1997年05月15日 朝日 宇都宮市がレセプト提出拒否 医療過誤訴訟

1997年04月29日 日経 負担構造にメス 無駄省き、全体像示せ (病める医療)

1997年04月19日 読売 レセプト開示 情報公開条例に基づき 4自治体実施

1996年11月16日 日経 診療報酬 (きょうのことば)

1996年11月03日 日経 不信の症候群(3) 閉ざされた情報 「患者不在」、訴訟も多発

1996年09月03日 朝日 医療情報の公開へ風穴 市民運動、開示を求め成果

1994年05月12日 朝日 レセプト公開めぐり提訴 県内の20歳代の夫婦 兵庫

労働基準法

1997年04月19日 毎日 悪質労務と2病院を大阪労基局が大阪地検に送検

1997年04月04日 朝日 架空帳簿疑惑の病院に労基局が強制捜査 大阪


用語 A IC
北東 中四
頁の先頭へ 医療関連報道 インデックスに戻る