医療関連報道 用語索引 き・く・け
最終更新日: 2004年09月24日、 アクセスした日: 10月21日

医療関連報道 インデックスに戻る 頁の最後尾へ
北東 中四
用語 A IC

気管

2000年 6月20日 毎日 医療事故 呼吸用チューブ交換で気管傷つき男性死亡 和歌山

気管支炎治療薬「アンフラーゼ L ドライシロップ」

1997年06月12日 毎日 薬剤回収 薬包装に毛髪 小野薬品が47万7,000包を回収

気管支手術

1996年05月11日 朝日 脳障害は県立病院の術後ミス 兵庫県に賠償命令 大阪地裁

気管切開

2002年11月11日 共同 医療ミスで植物状態に 山形、家族に半年説明せず

2000年 4月24日 共同2000年 8月31日 朝日 気管切開ミスで女性患者死亡 秋田市立病院

1999年12月31日 読売 気管切開で出血死 順天堂大病院

気管挿管

2003年 3月28日 共同 信州大病院で医療ミス チューブ挿入に手間取る

2003年 3月01日 共同 ミスで四肢まひと国を提訴 男児、三重大病院で手術

気胸

病院に5千万円賠償命じる 気胸治療ミスで名古屋地裁

偽証

1997年01月29日 朝日 医療事故の現場から 3 医師に甘い鑑定、偽証も 3つの壁

偽造

1997年06月17日 共同 偽証明書で保険金詐取 医師ら4人逮捕 広島

1997年06月03日 朝日 医者の推薦文に偽り 健康食品の雑誌広告 公取委が関心

キノホルム (整腸剤)スモン

1996年12月26日 毎日 「スモン」全面和解 初提訴以来25年ぶりに

1995年04月15日 朝日 スモン (戦後50年 メディアの検証: 11)

1993年11月06日 朝日 抗がん剤と抗ウイルス剤の併用、死者6人に 添付文書の再改定指導 ギプス 2000年 3月28日 毎日 医療過誤 女性がギプスで右足まひ 神戸市に損害賠償を命令

救急医療

2003年 2月12日 朝日 「病院たらい回しの悲劇もうイヤ」 被害家族が署名集め

2002年11月24日 毎日 交通事故 自転車の高校生、救急車と接触 足指を骨折 大阪

2002年 5月30日 毎日 新生児救急車 乳児を搬送中にガス欠で停止 大分県立病院

2002年 4月27日 共同 原因は署員の人為ミス 静岡の救急車遅れ

2002年 4月22日 共同 救急車がはね20時間後死亡 福岡県大牟田市の男性

2002年 4月18日 共同 連絡ミスで救急車遅れる 静岡県、94歳女性死亡

2002年 3月01日 共同 事故を誤認、被害者を放置 静岡・沼津市消防本部

2002年 2月25日 毎日 119番通報 「いたずら」と放置された男性が提訴 京都

2001年 8月04日 毎日 医療用具故障 心臓電気ショック用具が作動せず 患者死亡

2001年 7月14日 読売 指令ミス、救急車が来ない

2001年 5月22日 毎日 放置死亡 車にはねられた女性 救急隊気づかず 長崎・北有馬

2001年 4月22日 朝日 救急隊が担架から意識不明の男性落とす 滋賀・大津

2001年 2月03日 毎日 救急車火災 爆発した酸素ボンベの減圧調整器はリコール対象

2001年 2月01日 読売 救急車と乗用車衝突、搬送中の急病人が意識不明に

2001年 1月02日 毎日 救急車爆発 救急隊員が重傷、宇都宮市中央消防署

1999年09月08日 毎日 救急医療 記者が恐怖の体験 急性すい炎を便秘と診断

1999年03月31日 読売 乗用車、救急車に次々ひかれ死亡

1999年02月04日 共同 救急病院、受け入れ断る 300メートル先で事故の主婦死亡

1998年03月13日 共同 救急車が道間違え20分遅れ 遺族に謝罪へ 群馬県沼田

1998年03月11日 朝日 未明に病院転々 脳炎の男児死亡

1998年02月24日 共同 消防本部係長を懲戒免 119番の持ち場離れる

1998年02月17日 毎日 救急不祥事 119番指令室無人 小5男児死亡 大阪の茨木市

1998年02月01日 読売 収容に32分 乳児死亡 埼玉・幸手市

1995年05月01日 朝日 毒キノコで妻子死亡の中国人留学生、「支援する会」を設立 愛知

救命期待権

1998年02月28日 読売 患者に「救命期待権」 病院に一部賠償命令 金沢地裁

1998年02月28日 毎日 医療過誤訴訟 「救命期待権」とは

狭心症

2002年 1月12日 毎日 狭心症 薬投与後に急変、70代男性が死亡 慈恵医大病院

1997年03月23日 朝日 内視鏡で心臓バイパス手術

1997年02月27日 毎日 造影検査ミスで示談金1,100万円 兵庫県

狭心症治療薬 「アンタップ R」 (硝酸イソソルビド)

1999年10月28日 共同 狭心症治療の張り薬回収 はがれて発作招く恐れ

胸水を抜く手術

2002年 5月21日 共同 横浜市に2000万円賠償命令 「医療ミスで患者死亡」

1995年06月30日 朝日 手術ミスで植物状態に 箕面市立病院、患者側に賠償

胸腺

2001年 7月27日 共同 富士宮市立病院で現場検証 60代の女性死亡の医療事故

2001年 3月23日 毎日 医療過誤 胸部手術で患者死亡、誤って静脈に傷をつけた可能性

胸椎

2000年 11月06日 共同 下半身まひに1億8千万円 愛知の市立病院手術ミスで和解

ギラン・バレー症候群

2002年11月17日 共同 接種で筋力まひの副作用 5件報告 インフルエンザワクチン

緊急安全性情報 (ドクターレター)

1999年06月30日 毎日 治療剤死亡 脳こうそく薬で 6人が副作用死 厚生省が注意

1998年12月18日 共同 透析患者らに神経系副作用 抗生物質で緊急安全性情報

1998年08月07日 毎日 抗がん剤 「オダイン錠」服用で肝機能障害 8人死亡

1997年12月02日 読売 糖尿病薬 副作用? 3人死亡

1997年08月14日 共同 抗菌医療器具でアレルギー ショック12人、植物状態も

1997年08月07日 共同 米国ペースメーカーに異常 緊急安全性情報を配布

1997年07月28日 朝日 抗がん剤「イリノテカン」 副作用死42人に 厚生省が緊急情報出す

1997年06月23日 毎日 アシドーシス症状で41人が死亡 高カロリー輸液

1997年06月23日 毎日 造影剤投与で3人ショック死の疑い

1997年05月19日 読売 ぜんそく抑制剤「フェノテロール」 心停止など副作用の危険

1997年04月15日 朝日 栄養剤点滴受けで記憶喪失… 「ウェルニッケ脳症」後絶たず

1997年03月28日 朝日 輸入硬膜の使用を禁止 ヤコブ病の原因の可能性

1997年02月14日 朝日 花粉症薬で不整脈 「トリルダン」 2年間で10人

1996年12月21日 毎日 輸血血液原因 7人死亡 対策に放射線照射拡大 厚生省薬事審

1996年12月21日 日経 妊娠中絶薬・輸血血液で副作用 緊急情報配布を指示 厚生省

1996年12月10日 日経 厚生省警告後5人死亡 輸血で発症GVHD 放射線予防が不徹底

1996年12月10日 中日 輸血後GVHD 日赤の予防措置5.5%だけ 放射線 全体でも7割未照射

1996年04月17日 朝日 副作用情報の遅れで妹失う (声)

1993年12月04日 朝日 「医師の協力得られず」 実は不在で会えず 15人目の死亡例

筋弛緩剤「クロルメザノン」

1996年10月29日 朝日 肩こり・腰痛用薬 副作用が判明 7社自主回収

筋肉弛緩剤

2001年 1月07日 毎日 元准看護士逮捕 筋弛緩剤は医療現場でのトラブルが目立つ

1998年08月07日 共同 医師の認識不足と報告 筋弛緩剤投与で泉大津市議会に 大阪

1998年07月29日 毎日 筋弛緩薬 沈静効果があると思い込み 泉大津市立病院当直医

1998年01月13日 共同 「夫死亡は医師知識不足」 遺族ら国に賠償求め提訴 津

空気塞栓

1995年02月01日 朝日 医師の過失を認め賠償命令 脳手術の後遺症で東京地裁

くも膜下出血

2001年 6月19日 共同 「手術ミス」と賠償請求 誤って動脈にクリップ 糸魚川

2001年 4月27日 共同 治療過失認め支払い命令 新潟地裁

2001年 2月25日 毎日 くも膜下出血 緊急手術で出血違う場所を開頭手術し死亡

2000年 11月30日 共同 「誤診だが過失ではない」 医療過誤訴訟で請求棄却 函館地裁

2000年 10月27日 共同 脳血管に誤って空気注入 名古屋市大病院

1999年03月19日 毎日 医療過誤 くも膜下出血で死亡は徳島県立中央病院の誤診と

1998年10月19日 共同 説明不十分で病院敗訴確定 くも膜下出血手術で最高裁

1997年07月16日 共同 国側が8,000万円支払い 滋賀の医療過誤訴訟が和解

1997年06月16日 時事 「十分な救命治療なかった」 ドナー遺族らに残る医療不信

1997年05月28日 共同 院内感染で死亡と提訴へ 遺族が30日に高知地裁に

1997年05月25日 読売 重体患者の搬送拒否 福岡の消防本部 タクシー利用求める

1995年12月15日 朝日 医療過誤の損害賠償訴訟で原告の訴えを棄却 地裁小倉支部

くも膜下出血改善薬 「塩酸ファスジル」

98/12/24 医薬品等安全性情報 151号
1998年12月24日 毎日 アスピリン ライ症候群との関連性を示す米調査報告 厚生省

グループ診療

1997年01月13日 朝日 芽生える 開業医の連携治療 病状の情報交換/検査も分担

車いす

1999年12月01日 毎日 病院で焼死 群馬・冨士ケ丘病院で男性患者がライターを使用

クローン病

1997年11月18日 読売 難病の「クローン病」 自己管理で悪化防止 (医療ルネサンス)

クロマイ (商品名 クロロマイセチン)

2000年 10月16日 毎日 クロマイ訴訟 裁判の過程などを一冊の本にして自費出版

クロロキン薬害

1998年07月19日 読売 「構造薬害」を許さない制度を (社説)

1998年04月24日 共同 クロロキン訴訟が終結 最高裁も国の責任否定

1997年01月12日 日経 薬害はなぜなくならないか 浜 六郎著 悲劇の必然性淡々と描く

1993年11月06日 朝日 抗がん剤と抗ウイルス剤の併用、死者6人に 添付文書の再改定指導

形成手術

1999年10月26日 毎日 東大病院 医師が顔の左右を取り違え、正常なまゆを手術

携帯電話

1997年06月25日 時事 病院内などの携帯電話使用で指針 副作用情報で注意呼び掛け

頚椎手術

2002年12月18日 共同 日赤に970万円賠償命令 医療過誤訴訟で松江地裁

2002年 8月21日 共同 5600万円支払いで和解 山梨県立病院の手術でまひ

2001年 10月29日 毎日 医療過誤訴訟 頚椎腫瘍摘出で病院側の過失認める、宮崎地裁

2001年 8月30日 共同 北九州市4000万円支払いへ 手術後寝たきりで患者側に

2001年 6月28日 共同 手術ミスでまひ、賠償命令 京都市などに6500万円

1996年08月31日 朝日 「術後管理が不十分」と和解金 山形の病院、遺族に1,500万円払う

1995年11月28日 朝日 「手術ミスで手足まひ」 大分の男性、国に賠償請求

1995年02月25日 朝日 手術ミスで全身まひ 伊勢崎佐波医師会に賠償命令 前橋地裁

1995年02月01日 朝日 1審判決を変更し説明義務違反を認定 岡大医療訴訟で高裁支部

1993年02月02日 朝日 「不要な手術で後遺症残る」 元会社員が久留米大を提訴

劇症肝炎

1997年07月03日 中日 投薬ミスで妻死亡 8,500万円賠償求め 大垣市民病院を訴え

1995年04月13日 朝日 一部血圧降下剤で劇症肝炎? 副作用か、4人死亡 三重大医学部調査

血圧降下剤「塩酸トドララジン・塩酸エカラジン」

1995年04月13日 朝日 一部血圧降下剤で劇症肝炎? 副作用か、4人死亡 三重大医学部調査

血圧上昇剤

1993年11月09日 朝日 「注射ミスで植物状態に」 北九州の開業医に賠償請求

血液製剤
医薬品等安全性情報 150号 (98/10/15)

2002年12月07日 共同 大病院の18%で投与 C型肝炎感染の血液製剤

2002年 9月24日 読売 薬害肝炎の賠償求める要望書、被害者会が厚労省に提出

2002年 9月01日 朝日 薬害肝炎被害者、国・製薬会社を集団提訴へ

2002年 7月09日 読売 薬害肝炎「6割発症」学会で84年に報告

2002年 7月09日 毎日 C型肝炎 感染血液製剤「危険性より有効性」 学会が回答

2002年 4月12日 読売 旧ミドリ十字、加熱製剤感染に見舞金名目で“補償”

2002年 4月12日 読売 薬害肝炎、加熱製剤でも集団感染 長野の病院で

2002年 3月27日 読売 血液製剤で肝炎感染の男性が厚労省に救済を要望

2002年 3月26日 朝日 C型肝炎の感染被害調査へ 弁護士が国などの責任を指摘

2002年 3月07日 読売 乳児感染の大学生「国に怒り覚える」 C型肝炎

2002年 3月07日 毎日 C型肝炎 非加熱製剤投与患者で210人が感染経験 厚労省

2002年 3月07日 共同 非加熱製剤、行政責任追及の動き加速 「国に問題ない」厚労省

2001年 6月29日 共同 白血球除去した製剤開発を 厚労省小委が提言へ

2001年 3月29日 共同 803医療機関を初公表 千人前後に汚染製剤投与 厚生労働省

2001年 2月22日 読売 40万人が肝炎感染の恐れ

2001年 2月09日 読売 非加熱製剤で肝炎感染、研究班作り全国調査へ

2001年 2月06日 読売 非加熱製剤でC型肝炎の恐れ、700病院公表へ

2000年12月21日 毎日 C型肝炎 「説明なく非加熱投与」公的救済求める 患者証言

2000年12月21日 読売 非加熱製剤でC型肝炎ウイルス感染、中部でも2人

2000年 11月30日 共同 製剤投与は約3000人 肝炎対策で有識者会議

2000年 11月17日 読売 非加熱製剤肝炎感染、国内血液分も可能性

2000年 10月31日 読売 非加熱製剤投与の2600人を肝炎検査へ

2000年 10月30日 読売 新生児治療でC型肝炎、静岡で8人判明

1999年08月10日 朝日 血液製剤によるC型肝炎感染、2年間で33件

1999年02月19日 朝日 ヤコブ病患者からの血液製剤で厚生省が新方針

1998年11月06日 日経 血液製剤に微生物 米で 181ロット回収 吉富製薬の子会社

1998年10月15日 共同 アルブミンで死亡率上昇か 厚生省が慎重な使用促す

1997年11月29日 日経 B型肝炎ウイルス混入血液 検査ミス 1人に輸血 製剤3万本回収へ

1997年10月09日 毎日 ヤコブ病 患者の血液製剤回収を指示 厚生省

1997年10月03日 読売 輸入血液製剤 7,000本自主回収

1997年10月01日 朝日 HIV 手術の輸血で感染 国内献血が原因? 3人目

1997年09月30日 朝日 国内で献血された血液の輸血でHIVに感染か

1997年09月10日 共同 献血したCJD患者1人増 血液製剤は既に期限切れ

1997年08月27日 読売 ヤコブ病患者血液利用の血液製剤 厚生省、回収指示

1997年07月29日 読売 エイズ感染者5,000人超す

1997年07月25日 共同 肝炎ウイルスの混入なし グロブリン製剤で厚生省

1997年06月04日 読売 血液製剤記録10年保存 厚生省通知、カルテと別に

1997年05月26日 共同 HIV汚染の疑いで封印 ミドリ十字の血液製剤原料

1997年04月22日 読売 C型肝炎ウイルス混入の疑い 日本製薬自主回収 血液製剤グロブリン

1997年04月11日 読売 血液製剤を自主回収 ヤコブ病患者献血使用

1997年03月19日 朝日 HIV訴訟 非血友病も和解 大阪地裁 2人、血友病と同条件

1997年02月21日 日経 ミドリ十字子会社が製造 血液製剤、HIV汚染か

1997年01月21日 毎日 厚生省 薬の国家検定縮小へ 安全への責任薄める

1997年01月12日 毎日 血漿分離 日赤の基準守らず 三重のセンター

結核

2001年 4月03日 朝日 結核の慢性化、3割は病院に原因 厚生労働省調査

血管拡張剤

1993年11月09日 朝日 「注射ミスで植物状態に」 北九州の開業医に賠償請求

血管形成手術 (PTCA)

2002年12月17日 共同 説明不適切と900万円支払い 那覇市立病院が示談

2002年 9月04日 読売 松江赤十字病院で医療事故、3799万円賠償命令

2002年 8月09日 朝日 仙台市立病院で医療ミス、女性患者死亡

2002年 7月17日 時事 国に4400万円賠償命じる 弘前大病院の医療ミス訴訟で 青森地裁支部

2000年 11月14日 毎日 都立墨東病院 医療ミスで家族が損賠請求 東京地裁へ提訴

2000年 9月15日 毎日 徳洲会 夫の死亡は手術ミスが原因と提訴 福岡の遺族

2000年 6月12日 共同 投薬怠り死亡と遺族提訴 仙台の病院に賠償請求

1998年08月06日 共同 治療ミスで後遺症と提訴 5,900万円の賠償求める

1997年10月13日 読売 心臓の動脈硬化 ドリルが粉砕 石灰化病変部削る「ロータブレーター」

1997年08月04日 日経 阪大が「血管詰まり」の治療法

1997年07月27日 毎日 医療機器 カテーテルの国内価格が欧米の3〜6倍に

1996年05月23日 朝日 死亡は医療過誤 遺族が賠償求める 福岡地裁小倉支部へ訴状

血管造影検査

2001年 11月27日 毎日 遺伝子治療の臨床試験で脳こうそく 阪大

2001年 10月09日 共同 福岡県に賠償命令 病院の対応に過失認定

1998年07月17日 共同 医療過誤で病院の控訴棄却 患者への説明不足と認定

1997年06月23日 日経 血管造影 がんの診断・治療にも威力 (病院で聞く言葉)

1997年03月30日 日経 「お母さん、ごめん」 佐々木賢太郎著

1997年03月11日 毎日 香川・三豊総合病院に3,840万円の支払命令

1996年12月18日 共同 4,200万円の賠償を命令 「適切な処置なく後遺症」 浦和

1996年06月18日 朝日 肝臓検査で動脈傷つけ放置し死亡 遺族、主治医らを東京地裁に訴え

1996年03月27日 朝日 「検査ミスで妻は死亡した」 県立広島病院に賠償求め提訴

血小板

1994年08月10日 朝日 抗がん剤「規定」無視 危険ラインで投薬続行 愛知県がんセンター

血栓溶解剤「ナサルプラーゼ」
(商品名: ミドリ十字「トロンボリーゼ注1500」、吉富製薬「トミーゼ注1500」)

医薬品等安全性情報 No. 145

1997年12月25日 毎日 医薬品副作用 トログリタゾンとナサルプラーゼに注意呼びかけ

血糖降下剤

1993年01月30日 朝日 大石孝雄さんが死去 医療ミスで21年間意識不明 岸和田

解熱剤

2003年 3月17日 共同 大人の副作用死認定2例目 解熱剤による急性脳症

2003年 3月12日 共同 成人の副作用、事実上放置 解熱剤による急性脳症

2003年 1月31日 共同 脳症の恐れある風邪薬注意 インフルエンザで厚労省

2002年 3月09日 共同 中止の解熱剤服用の可能性 脳炎で死亡の小児4人 厚労省

2001年 7月28日 読売 骨セメント“副作用死”新たに3人

2001年 5月30日 毎日 解熱剤 メフェナム酸の使用を禁止へ 薬事・食品衛生審議

2001年 4月19日 共同 解熱鎮痛薬の製造中止要請 厚生労働省、異例の措置

2001年 2月26日 毎日 医療過誤 解熱剤を注射、死亡させた医師に損害賠償判決

2000年 11月16日 朝日 インフルエンザ脳炎・脳症悪化にボルタレンが影響

2000年 4月12日 共同 「解熱剤で脳に障害」 鹿児島県の女性が提訴

2000年 2月24日 共同 医療ミスで5250万賠償 済生会に福岡地裁

1998年07月25日 共同 昨冬は脳炎で100人以上死亡 インフルエンザ研究会推定

1998年06月26日 毎日 医療過誤訴訟 群馬大付属病院の投薬ミスを認める 前橋

1998年03月12日 共同 慰謝料支払いなどで和解 和歌山地裁で

1998年01月13日 読売 薬の併用に注意必要 重い副作用出る例も (医療ルネサンス)

1997年12月11日 共同 コンビニで一部の薬販売へ 厚生省の中薬審部会が方針

1997年11月05日 読売 解熱剤と子の脳障害 関連に親の関心高く (医療ルネサンス)

1997年10月14日 読売 不要な解熱剤の多用 脳障害の死に関連? (医療ルネサンス)

1997年09月10日 朝日 医師の「常識」が招く死 投与時の警告守られず (薬 医療改革を前に)

1997年06月09日 日経 解熱剤 病気を悪化させることも (病院で聞く言葉)

1995年01月11日 朝日 「骨折治療で失明」1億3,500万円賠償求め提訴 福岡の男性

解熱鎮痛消炎剤 「ロキソプロフェンナトリウム」

2000年 5月26日 読売 肝障害の解熱剤に厚生省が「注意」追加

原因不明

1998年02月25日 朝日 病院側に「死因解明義務を怠った過失ない」、逆転判決

1997年02月25日 朝日 死因不明の医療事故に賠償命じる 東京地裁判決

1997年02月05日 毎日 入院女児劇症肝炎に 肝移植で回復 金沢大病院

健康診断

2003年 3月13日 毎日 人間ドック訴訟 「がん説明不足」病院へ賠償命令 東京地裁

健康保険

1997年06月20日 日経 高齢者医療 負担の公平化急務 世代格差 議論進まず

1997年03月05日 日経 健保組合、医療機関を評定 情報化で可能に 「選択と競争」の視点要

1997年01月28日 毎日 「医療」のよき競争相手を

研修医

2003年 3月25日 朝日 大学病院の派遣医師引き揚げ、17%の病院が「あった」

1999年08月13日 毎日 医療ミス B型血液の患者にO型の血液製剤 熊本大付属病院

1997年03月27日 毎日 麻酔ミスで兵庫医科大に賠償命令 神戸地裁

1997年01月29日 朝日 医療事故の現場から 3 医師に甘い鑑定、偽証も 3つの壁

1996年03月09日 朝日 輸血ミスで患者死亡 遺族には知らせず 兵庫医大病院

1996年02月05日 朝日 妊婦、副作用で植物状態 胎児は死亡 東大病院がステロイド剤を注射

1996年02月04日 毎日 副作用で妊婦 植物状態 東大病院 ステロイド剤「適応外使用」

1996年02月04日 毎日 名前も決めていたのに 東大病院・医療事故 3つ子の命奪われた父親

1996年01月30日 朝日 医療過誤訴訟の証拠カルテを書き換え 京都府立医大病院

1995年07月04日 朝日 “麻酔マネキン”で訓練 九大・浜松医大が導入

1995年05月25日 朝日 医療センター投薬ミスで9,800万円支払いへ 北九州市

1994年12月31日 朝日 投薬ミス、男性死亡 北九州市立医療センター、遺族に賠償へ

1994年06月04日 朝日 医療ミスの医師に執行猶予つき判決 甲府地裁

1994年04月20日 朝日 被告の医師に禁固1年求刑 県立病院医療ミス公判 山梨

1994年03月12日 朝日 被告の元研修医、起訴事実認める 医療ミス初公判 甲府地裁

減数手術・減胎手術

1997年08月28日 読売 「減胎手術」の倫理を問う (試写室)

1997年07月04日 朝日 減数手術、3年で87例 15施設、大学病院も 厚生省研究班調べ

減肥茶 (げんひちゃ)

1997年11月15日 毎日 減肥茶に頭痛などの副作用 香港紙報道


用語 A IC
北東 中四
頁の先頭へ 医療関連報道 インデックスに戻る