医療関連報道 用語索引 か
最終更新日: 2004年09月24日、 アクセスした日: 12月18日

医療関連報道 インデックスに戻る 頁の最後尾へ
北東 中四
用語 A IC

介護

2000年 11月22日 毎日 医療過誤 兵庫県立病院が「介護押しつけ死亡」遺族が賠償

1999年10月14日 毎日 提訴 体温計を耳に入れられ鼓膜破損と損害賠償 地裁八王子支部

改竄 (カルテ、治験データ)

2003年 3月12日 毎日 医療過誤 茨城の医療法人に賠償命令 カルテ改ざんの疑い

2003年 3月12日 共同 手術で体内にガーゼ放置 カルテ訂正で岡山市が指導

2003年 1月13日 毎日 医療事故 証拠保全前にカルテを書き換え 茅ケ崎市立病院

2002年 10月08日 毎日 死亡患者カルテ 廃棄して書き換え 「副院長が指示」 広島県呉市

2002年 10月07日 毎日 カルテ 岡山大病院が改ざん のど手術で「危険説明」書き加え

2002年 8月11日 毎日 発信箱 「ノー」と言いたい

2000年 11月25日 毎日 医療過誤訴訟 提出の看護記録書き替える 大阪・枚方市

2000年 6月04日 朝日 枚方市民病院幹部が医療ミスで死亡の看護記録改ざん指示

2000年 3月02日 共同 病院側への賠償命令確定 最高裁

1999年06月17日 共同 カルテ改ざん認め賠償命令 札幌高裁、1審取り消す

1999年03月24日 朝日 拘束中の患者窒息死の新潟・犀潟病院主治医がカルテ改竄

1999年03月12日 毎日 医療過誤判決 広島高裁松江支部、島根県立病院に賠償命令

1998年09月11日 共同 カルテ改ざんと認定 医療過誤訴訟で大阪高裁

1997年11月06日 毎日 医療過誤 1歳男児の死亡原因は麻酔ミスと認定 神戸地裁

1997年03月20日 読売 新薬臨床試験の実施基準 違反医師は氏名公表 厚生省方針

1997年03月10日 共同 看護記録改ざんを認める 和歌山医大学長が県議会で

1997年02月21日 毎日 和歌山医大の前院長が事故隠しを謝罪

1997年02月13日 毎日 和歌山県立医大病院隠匿 処理委員に当時の院長

1997年02月12日 毎日 看護記録、書き換え 「誤注入」を「原因不明」に 和歌山県医大

1997年01月29日 朝日 医療事故の現場から 3 医師に甘い鑑定、偽証も 3つの壁

1996年11月19日 毎日 「裁判不要の救済制度を」 医療過誤 勝利和解の上長さん

1996年11月03日 日経 病める医療 不信の症候群(3) 閉ざされた情報 「患者不在」

1996年09月03日 朝日 医療情報の公開へ風穴 市民運動、開示を求め成果

1996年01月30日 朝日 医療過誤訴訟の証拠カルテを書き換え 京都府立医大病院

1994年08月26日 朝日 分娩前後の措置で子に障害 国に8,700万円賠償命令 福岡

解剖

1997年04月29日 朝日 病理解剖は医療の質向上のカギ (論壇)

潰瘍性大腸炎

1997年06月11日 共同 潰瘍性大腸炎に新手術法 北里大が開発、好成績

カウザルギー

1995年03月03日 朝日 判決理由不服で藤枝市が控訴 子宮筋腫医療過誤裁判

1995年02月17日 朝日 6,136万円賠償命じる 藤枝の医療過誤裁判で静岡地裁

かかりつけ医

1997年02月20日 日経 「かかりつけ医」体制万全 救急・専門医療を強化 都内自治体

拡張型心筋症

1997年07月27日 毎日 診断書 大津赤十字病院が作成を拒否

1997年06月16日 毎日 拡張型心筋症にバチスタ手術 国立循環器病センター

1997年02月16日 毎日 心臓縮小手術 国内2例目が昨年12月、近大病院で実施されて

1997年02月16日 読売 近大病院で心臓縮小手術に成功

1994年05月14日 朝日 「夫の死、誤診が原因」 妻ら遺族が県などに賠償求め提訴 神奈川

角膜及び腎臓の移植に関する法律 (角腎法)

1997年03月22日 毎日 血管摘出 凍結保存の循環器病センターを調査 厚生省

火事

2000年 10月19日 共同 神戸海岸病院でボヤ、患者一時避難

2000年 9月30日 毎日 病院火災 患者6人けが いずれも軽傷 群馬

2000年 7月31日 共同 京大の人工呼吸器でぼや 入院患者ら75人避難

1998年10月27日 共同 病院から煙、患者ら避難 前橋

過失相殺

1998年10月16日 朝日 糖尿病悪化の女性に入院勧めなかった医師の責任認める

下垂体

2000年 11月14日 共同 手術ミスで意識障害と神戸地裁に提訴 男性教諭が兵庫医大を

風邪薬、総合感冒剤

2001年 6月27日 毎日 ライ症候群 サリチル酸系かぜ薬の慎重な使用求める 厚労省

かぜ薬「アセトアミノフェン」

1995年09月28日 朝日 厚生省「CMで注意」要請 市販かぜ薬で重い副作用、3年間で42例

かぜ薬「イブプロフェン」

1995年09月28日 朝日 厚生省「CMで注意」要請 市販かぜ薬で重い副作用、3年間で42例

風邪薬 「塩酸フェニルプロパノールアミン」 (PPA)

2002年 8月26日 毎日 かぜ薬 「危険成分」やっと除外 米から2年遅れ

2000年 11月20日 共同 高血圧患者らへ投与禁止 風邪薬のPPAで厚生省

2000年 11月07日 毎日 PPA 国内の市販薬65種類が含有 厚生省が注意喚起

2000年 11月07日 読売 かぜ薬に脳出血副作用の成分、米で製造差し止め

カテーテル

2002年 10月04日 毎日 阪大医療ミス 約1億4000万円求め国に提訴 大阪地裁

2002年 4月25日 共同 カテーテル使用で2人死亡 厚労省、注意呼び掛け

2001年 6月01日 読売 手術ミスで主婦死亡、医師を書類送検 愛知・安城

2000年 5月v日 共同 止血ミスで片足不自由に 病院に1千万円賠償命令 名古屋地裁

1999年12月13日 共同 ミスで右手首切断と賠償請求 心臓病の男児の両親 京都地裁

1999年10月22日 共同 米製カテーテルの一部回収 使い方誤れば破損と業者

1999年09月12日 毎日 医療過誤 手術で心臓血管に傷 女性患者死亡 和歌山

1999年05月24日 共同 京大病院で医療過誤と提訴 堺市の男性の遺族

1998年02月27日 毎日 輸入販売会社が海外で苦情のカテーテルを自主回収

1997年12月18日 朝日 輸入カテーテルを自主回収

1997年11月28日 読売 輸液の正しい扱い方 医師らの理解足りず (医療ルネサンス)

1997年08月23日 読売 胸部カテーテル回収

1997年08月14日 共同 抗菌医療器具でアレルギー ショック12人、植物状態も

1997年05月15日 朝日 宇都宮市がレセプト提出拒否 医療過誤訴訟

1996年08月29日 朝日 乳児死亡、600万円で和解 山形の病院

1996年06月18日 朝日 肝臓検査で動脈傷つけ放置し死亡 遺族、主治医らを東京地裁に訴え

1996年04月23日 朝日 半身不随、病院のミス 国に4,500万円賠償命令 高松地裁

1996年03月27日 朝日 原告の請求を棄却 国立鳴子病院医療過誤訴訟で仙台地裁

1994年02月15日 朝日 医師を書類送検 治療ミスで死なせた容疑 警視庁と東京・向島署

1993年04月28日 朝日 東京女子医大医療ミス訴訟で 4,500万円の賠償命令

カテーテル「PTCA」血管形成手術 (PTCA)

顆粒球減少症

1997年02月25日 毎日 薬大量投与で患者死亡 広島高裁に審理差し戻し

カルテ「開示」

2002年 10月23日 毎日 社説 カルテ開示 法律で患者の権利認めよ

2002年 7月11日 共同 カルテ改ざんの罰則に言及 東京女子医大事件で厚労相

2002年 1月08日 毎日 医療過誤訴訟 カルテ不提出のまま結審へ 大阪の男性が提訴

1997年08月02日 読売 カルテ開示拒む病院に疑問 (いのち)

1997年07月21日 読売 「情報共有」で手厚いケア カルテ管理 佐賀医大付属病院

1997年07月11日 読売 カルテ、患者に開示 厚生省、ガイドライン策定へ

カルテ「保存義務」

1997年04月30日 共同 厚生省がカルテ見直しへ 患者の知る権利考慮

1996年11月29日 共同 カルテ焼却し見舞金払う 糖尿病治療でNTT病院

過労死

2003年 3月25日 共同 医師自殺で賠償請求を棄却 広島地裁

2002年 10月01日 朝日 研修医、初の労災死認定 過労が原因と北大阪労基署

2002年 8月27日 読売 横浜市立大病院の研修医自殺、過労原因と労災申請へ

2002年 7月31日 読売 「娘は過労死」と看護婦の両親が国の賠償求め提訴

2002年 4月18日 朝日 看護師の過労死を認定 奈良地裁

2002年 2月25日 朝日 研修医の過労死と認め関西医科大に賠償命令

2002年 2月25日 共同 背後に徒弟的上下関係 過酷な勤務、司法も認定 研修医過労死

2001年 4月28日 朝日 関西医大など書類送検 研修医の長時間労働は労基法違反

がん

肝炎ウイルス「C型」 (HCV)

1997年04月22日 読売 C型肝炎ウイルス混入の疑い 日本製薬自主回収 血液製剤グロブリン

肝炎ウイルス「G型」

1997年03月01日 読売 リウマチ発症 G型肝炎ウイルス関与? 聖マリアンナ医大研究

1997年01月28日 朝日 輸血でG型肝炎ウイルス感染を確認

眼科

2000年 6月08日 共同 「点眼剤で緑内障」と提訴 兵庫県の盲学校生

看護ミス

2003年 2月14日 読売 九大病院で看護師が気道器具取り違え、患者が死亡

2000年 10月20日 毎日 医療過誤 兵庫医大が酸素ガスと炭酸ガスをとり違えて吸入

2000年 9月28日 共同 安田系列病院に賠償命令 「適切な看護怠った」 大阪地裁

2000年 9月13日 共同 和歌山県の橋本市民病院また医療ミス 看護婦が薬剤誤注入

2000年 9月11日 読売 看護婦が幼児の指を誤って切断 筑波学園病院

2000年 9月11日 共同 看護婦ミスで1700人死亡 米紙調査、5年間で

2000年 8月24日 共同 東大阪市立病院で医療ミス 中止の薬剤を投与

2000年 7月26日 共同 看護婦の単純ミスが原因 透析患者死亡事故で報告書

2000年 5月26日 共同 酸素吸入器など外れ急死 警察が関係者から聴取 東大阪市

1999年06月29日 時事 点滴取り違えるなどミス 4件 看護婦、停職 6カ月 大阪

1999年06月10日 共同 看護に過失と川崎市を提訴 食事がのどに詰まり死亡

1999年05月22日 読売 横浜の病院で抗生物質の点滴を取り違え

1999年05月11日 読売 看護婦の 9割に「ヒヤッとした経験」

1999年05月11日 共同 静岡県では 88% がミス経験 看護婦調査で回答

1999年02月22日 毎日 医療過誤 兵庫県が県立こども病院での1歳女児死亡事故で

1998年10月02日 共同 93年にも輸血ミス、死亡 松江赤十字病院

1998年10月01日 共同 看護婦が輸血ミス患者死亡 岐阜の病院で

1998年09月30日 時事 輸血ミスの入院患者が死亡 看護婦が他人の血液と間違える

1998年09月29日 朝日 患者窒息死 縛る医療に終止符を

1998年09月25日 朝日 新潟の国立精神療養所で拘束された患者が就寝中に窒息死

1998年09月19日 共同 大阪市が 3,000万円賠償 市立大病院患者の死亡でミス認める

1998年08月01日 毎日 医療ミス 白内障手術で視力低下 消毒薬間違う 兵庫医大

1997年10月30日 共同 医療ミスで2億円賠償請求 病院経営者ら相手に 千葉地裁

1997年10月30日 毎日 心電図アラーム、看護婦切る 女児死亡 浜松

1997年10月29日 朝日 一時金6,000万円、毎年700万円の支払いで和解 東京地裁

1997年10月27日 毎日 点滴 64歳男性の死亡原因は処方ミスと遺族提訴 兵庫

1996年08月09日 朝日 内服薬注射し重体 「禁止」表示見落とす 山形の県立病院

1996年04月27日 朝日 看護婦の4割「ミス」経験 「患者に変化」も 県医療労連調べ(福岡)

1996年04月24日 朝日 治療、生涯責任もつ 看護ミスで障害 兵庫県立こども病院、親と和解

1996年04月19日 朝日 医師と看護婦を書類送検 市立八幡病院医療過誤事件

1996年04月16日 朝日 病院の責任認める判決 ベッドから転落、死亡の女性 東京地裁

1996年03月12日 朝日 市は900万円を支払え 赤穂の医療ミス訴訟判決

1996年02月03日 朝日 輸血ミスで患者が死亡 A型とO型間違える 山形の県立病院

1996年01月25日 朝日 「術後ミス」と3,100万円の賠償を病院に命じる 岡山地裁

1995年08月05日 朝日 血液型誤り患者が死亡 試験管のラベル張り違え 仙台の病院

1994年05月28日 朝日 長男の死は医療ミス 両親が九十九里の病院に対し損害賠償請求

1993年11月24日 朝日 体内に消毒液、患者死亡 洗浄液のつもりで注入 国立奈良病院

1993年09月30日 朝日 病室カーテンで窒息、後遺症 幼児と両親が病院に賠償請求 神奈川

1993年09月03日 朝日 うつぶせ寝で死亡は過誤 赤ちゃんの両親が医院を訴え 横浜

1993年01月28日 朝日 「過失証拠ない」と原告請求を棄却 都立病院の医療過誤訴訟

間質性肺炎

1996年08月02日 日経 間質性肺炎併発も 化学療法併用薬で45例 厚生省が注意促す

1993年01月23日 読売 C型肝炎治療薬併用で副作用も

患者の権利法

1997年11月18日 時事 患者の権利擁護法案の骨子を提示 与党医療協議会に 社民党

1997年09月03日 日経 患者負担 2000年度まで据え置き 医療保険改革で与党確認事項

1997年08月27日 時事 医療情報公開の新法制定を 新進党

1997年08月02日 読売 患者の立証責任 医療側に転換 社民が法案骨子

1997年06月21日 読売 「患者の権利法」提出へ 社民、秋の臨時国会に

1997年04月30日 共同 厚生省がカルテ見直しへ 患者の知る権利考慮

1997年04月16日 毎日 特報 民主党 患者の権利法案策定に入る

1997年04月04日 日経 薬害エイズのシンクタンク 患者の権利法制定を 厚相に提言

1997年02月23日 朝日 セカンドオピニオン 中 カルテ貸し出し「当たり前」

患者の人権、自己決定権 ←→ 医師の裁量権

1999年12月24日 毎日 医療訴訟 がん死亡で国と医師に880万円の支払い命じる

1999年11月27日 毎日 処遇改善命令 「松口病院」に患者の権利保護求める 福岡県

1999年08月24日 共同 説明義務違反はないと判決 患者の権利侵害で札幌地裁

1998年12月07日 朝日 患者が元主治医を提訴、「がん告知しないのは権利侵害」

1998年09月25日 共同 無視された厚生省の改善策 足元の不祥事にショック

1998年02月09日 毎日 エホバの証人 解説 原告勝訴は時代の流れに沿った判断

1998年02月09日 朝日 説明を怠った輸血違法 エホバの輸血拒否訴訟で逆転判決

1997年12月26日 読売 京北病院の安楽死事件 不起訴 開かれた医療へ 重い教訓残す

1997年03月31日 共同 事前に相談受け計画調査 厚生省が臨床試験に新制度

1997年03月12日 毎日 エホバの証人 無断輸血訴訟で信者の請求を棄却 東京地裁

1997年03月11日 毎日 香川・三豊総合病院に3,840万円の支払命令

1997年02月21日 毎日 特養ホームの医薬品治験 「試験段階」の認識が欠如

1997年02月19日 共同 患者の文書同意を義務付け 治験基準改正案まとまる

1997年02月01日 日経 臨床試験 患者人権保護へ法改正 書面同意義務付け

1997年01月25日 日経 臨床試験の被験者保護 医師の責任規定不十分 (薬 よろず相談)

1997年01月21日 毎日 痴呆老人に無断治験 奈良医大教授 親族経営特養ホームで

1996年12月31日 朝日 重い医師のひとこと (ひととき)

1996年11月02日 中日 がん臨床試験に指針 『文書での患者同意』必要 癌治療学会が報告

1993年07月06日 朝日 遺族が賠償求め提訴 「患者側へ説明なし」 治験薬投与

1993年06月27日 朝日 治験薬投与、初の提訴へ 遺族が主治医ら相手に 愛知

関節手術

1999年06月03日 共同 「治療ミスで足に障害」 名古屋市に賠償求め提訴

肝臓

2000年 9月27日 共同 脳血管治療薬で腎障害 厚生省が注意呼び掛け 1997年01月28日 共同 病院のミス、2審も認定医療過誤訴訟で大阪高裁

鑑定

1999年09月15日 朝日 医療過誤訴訟で「鑑定人協議会」設置 最高裁が検討

1997年11月04日 時事 医師を業務上過失致死罪で告訴 治療受けた主婦の急死めぐり

1997年01月29日 朝日 医療事故の現場から 3 医師に甘い鑑定、偽証も 3つの壁

感電死

1998年03月04日 毎日 幼児感電死 大阪・豊中市などが両親への解決金支払いで合意

冠動脈形成手術

1997年02月27日 毎日 造影検査ミスで示談金1,100万円 兵庫県

眼内レンズ

1999年06月16日 共同 24人に違う眼内レンズ手術 メーカーの表示間違いで

1998年08月01日 毎日 医療ミス 白内障手術で視力低下 消毒薬間違う 兵庫医大

漢方薬 医薬品副作用情報 No. 111 1991年11月

2001年 1月13日 朝日 漢方アレルギー試験で死亡 名古屋地裁が医師の過失認定

漢方薬「関木通 (かんもくつう)」

1997年11月30日 読売 アトピーに効くという漢方薬で腎障害

漢方薬 「芍薬甘草湯 (しゃくやくかんぞうとう)」

1998年07月07日 毎日 自主回収 漢方薬の箱に印刷ミスの恐れ ツムラ

漢方薬「小柴胡湯 (しょうさいことう)」
医薬品副作用情報 No. 137 1996年3月
医薬品等安全性情報 No. 146 1998年 3月

2000年 1月14日 朝日 慢性肝炎の漢方薬「小柴胡湯」副作用で8人死亡

1998年03月05日 朝日 漢方薬の小柴胡湯 96年の「警告」後に 副作用死さらに4人

1997年06月25日 共同 薬併用で横紋筋融解症 高脂血症薬など、海外2例

1996年03月02日 朝日 漢方、疫学調査が必要 小柴胡湯で副作用死 安全神話に落とし穴

1993年01月23日 読売 C型肝炎治療薬併用で副作用も

漢方薬 「小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)」

1999年10月28日 共同 漢方のラベル張り間違え 高砂薬業が回収

漢方薬「星火逍遥丸」

1997年03月13日 共同 輸入漢方薬を自主回収 成分含有量が承認量下回る 千葉

漢方薬「天津当帰四逆加呉茱萸生姜湯」のエキス顆粒「KM」

2002年 4月22日 共同 漢方薬輸入会社に賠償命令 毒性予見できた PL法は適用せず

1998年10月08日 共同 漢方薬で腎不全と提訴 PL法で損害賠償求める

1997年11月30日 読売 アトピーに効くという漢方薬で腎障害

1997年07月17日 共同 漢方エキス剤を自主回収 腎機能障害の副作用で 大阪

漢方薬「半夏瀉心湯 (はんげしゃしんとう)」

1996年11月09日 中日 抗がん剤副作用 漢方薬が効く! 岐阜市民病院で突き止める

漢方薬 「半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)」

1999年10月28日 共同 漢方のラベル張り間違え 高砂薬業が回収

漢方薬「麻杏止咳錠 (まきょうしがいじょう)」(せき止め)

1997年10月17日 共同 せき止め漢方薬を自主回収 医薬品輸入販売業者

管理医療 (マネージド・ケア)

1997年04月01日 日経 米の会員制健康医療団体 患者の選択肢拡大 コスト削減批判に対応

管理義務

2000年 1月24日 共同 国に216万円の賠償命令 福岡市の病院内事故で 福岡地裁

1999年10月28日 共同 注射針の管理怠り賠償命令 東邦大病院側に 東京地裁


用語 A IC
北東 中四
頁の先頭へ 医療関連報道 インデックスに戻る