ビデオ見分報告書 インデックス
最終更新日: 2002年09月16日、 アクセスした日: 12月14日

医者にメス ホームページ へ 私の場合 へ 準備期日 (6)へ
事前の指示説明 0:00:00 〜 0:30:00 〜 1:00:00 〜 1:30:00 〜

ビデオ見分報告書

頭書事件に係る手術記録ビデオ (乙 第 18号証の 1) につき、下記のとおり見分したので、報告します。

1999年 2月 25日
原告代理人

名古屋地方裁判所民事 5部 御中

期日1999年 1月 22日 午後 5時 30分
場所市立半田病院会議室
指示説明者被告医師
見分者 原告本人、原告代理人
見分立会人被告代理人

(見分経過)

  1. 事前の指示説明
  2. 見分の結果
    1. 0:00:00 〜
    2. 0:30:00 〜
    3. 1:00:00 〜
    4. 1:30:00 〜

I. 事前の指示説明

    本ビデオ見分に先立ち、被告医師より次のとおり指示説明を受けた。

    写真1 0:09:07
    写真1 0:09:07
    写真2 0:09:41
    写真2 0:09:41
    写真3 0:03:16
    写真3 0:03:16

  1. 手術記事には、 「腸管内のガス多く、また fatty なため小腸がじゃまをして視野不良 (乙 15 - 5) とあるが、かかる手術視野の不良な状況はビデオでも全般的に確認できる。 例えば、0:09:07 (■写真 1) の画面手前に写っているのが小腸で、手術視野を狭めている状況が確認できるが、このように小腸が膨らんでいるのは、上記手術記事のとおり 「腸管内のガスが多い」 ためである。
    また、0:09:41 (■写真 2) では、画面右側全体に白く写っているが、大網と呼ばれる脂肪であり、このように大網が広範に認められる状態を「fatty」と表現した。

  2. トロカールは 4本使用した。 例えば 0:03:16 (■写真 3) には、3本の鉗子が写っていることから、各鉗子挿入用に 3本、ビデオカメラ挿入用に 1本の合計 4本が使用されているのを確認できる。

  3. 切除予定線のマークにつき、「free margin」は 1cm 程度とっているが、ビデオでは直接確認できない。

  4. 「肝切除に先立って、肝円索をエンドリニアカッターで切離したのち、エンドループで肝側断端を結紮する」 といった措置 (乙7 - 348右) や、 「肝組織を挫滅することなく良好な視野を得るため」 に、 「この断端を把持鉗子で上下左右に牽引する」 といった措置 (乙7 - 同箇所) も行っていない。

  5. 本件手術では、 「マイクロ波照射による止血」 (乙7 - 354頁) 、 「ABC による断端の焼灼による止血」 (乙7 - 352頁) も行っていない。 止血方法としては、もっぱら電気メス及びクリップによる止血を行っており、フィブリン糊による止血もビデオ撮影中は行っていない (フィブリン糊は止血後に表面を覆うものである)。

  6. 腹腔鏡を引き出した原因はすべてレンズがくもったためである。

このページに関するご意見・ご質問は、こちらに abe@airnet.ne.jp

事前の指示説明 0:00:00 〜 0:30:00 〜 1:00:00 〜 1:30:00 〜
医者にメス ホームページ へ 私の場合 へ 準備期日 (6)へ