医療過誤裁判 私の場合 原告 長男 陳述書 5
最終更新日: 2002年09月16日、 アクセスした日: 12月14日

医者にメス 私の場合 インデックス 前ページ 次ページ

1999年 11月 11日
甲第 25号証 原告 長男 陳述書 5

5. 手術当日・朝 (95年6月15日(木))

10:45、母、妹、私の妻と私の4人で、半田病院に行きました。 母が先に自動車から降りて、父の病室に向かいました。 妹と妻と私は、駐車場に車を停めてから病室に向かいました。 ところが母は、デイルームの前で待っていました。 病室に入ろうとしたが、面会時間でないことを理由に、看護婦に止められたそうです。 母は手術前であることを説明したのですが、やはり許されなかったそうです。 母が看護婦のスキを狙って再度入ろうとしたが、再度止められたそうです。 看護婦はナースセンターにはいり、看護婦長らしき看護婦に確認していたが、入室は許されなかったそうです。 しかたないので、デイルームで待機することにしたのだそうです。

11:15、デイルームの中で待っていると、父が手招きするのが見え、4人で病室(6人部屋)に入りました。 父は、 「手術前の患者の家族は入って来ていいんだぞ」 と言っていましたが、母は看護婦に入室を許可されなかったのです。 看護婦研修生の●●●●さんが部屋に入って来て、 「手術には私がずっと付き添います。 お任せ下さい」 と挨拶しました。 父は、手術後のために呼吸の練習をしていました。 コツが必要で、 「なかなかうまくいかない」 と笑っていました。

11:30、父が母に 「手術承諾書に押印したか?」 と尋ねました。 母が 「手術承諾書に承諾者の名前は記入したけど、まだ、『別紙による』と書かれている説明を受けていないので、押印していない」 と答えると、父はとても不機嫌になり、 「さっさと、ハンコを押して、 (ナースセンターに) 置いてこい」 と言いました。 2〜3、押し問答したあげく、父が怒り出したため、母は手術承諾書に押印し、ナースステーションに持っていきました。 私は内心、説明を受けていないのに手術承諾書に押印することには反対でしたが、手術直前に、父と言い争いをしたくなかったので黙っていました。

母がナースステーションから戻ると、父は上機嫌となり、 「今夜は半田の街の焼き鳥屋に俺の肝臓が出るぞ。 硬くて噛み切れないかもな」 と冗談を言い、みんなをドッと笑わせました。 あまりに明るかったので、まわりの方に迷惑をかけてしまい、手術を終えたばかりらしい患者の家族から 「退院ですか?」 と尋ねられたくらいでした。 そして父は、●●看護婦研修生に向かって、 「腫瘍であろうと癌であろうと、私は平常心で行きます。 看護婦さん、何が起ころうと、あなたも平常心でね」 と言いました。

12:00、手術の説明があるのを待っていましたが、なかなか連絡はありませんでした。 そんなとき看護婦が入ってきて、手術準備のための処置を父にするということで、私たち4人は、病室から退出しました。

続く


医者にメス 私の場合 インデックス 前ページ 次ページ