医療過誤裁判 私の場合 被告医師反対尋問 14
最終更新日: 2002年09月16日、 アクセスした日: 12月14日

医者にメス 私の場合 インデックス 前ページ 次ページ

1999年 9月 30日
第 8回口頭弁論 被告医師 反対尋問 14

本件の手術後、腹腔鏡下での肝切除術はしていない


本件の手術後、腹腔鏡下での肝切除術はあなたはされていますか。
していません。
乙第 15号証の 3ページ、16ページを示す
3ページの図は 16ページの病理組織検査のこの図を書き写したものですか。
これは病理医に出すときに外科のほうでスケッチしたものです。
3ページの図、スケッチが先に書かれている。
はい、そうです。
それを病理組織検査で書き写されているということですか。
はい。
伺いたいのは、網掛けになっている腫瘍の部分の上の、逆の放物線が引かれていますけれども、これが肝の表面になるわけですか。
そうです。
肝の表面から、図で言うと一番高いところから腫瘍まではどれくらいの厚さがあるんですか。
1点何センチでしょうか、この図面で判断しますと。
腫瘍が肝の表面に顔を出しているというわけではないですね。
先ほども言いましたけれども、そんな 1点何センチも深い所に腫瘍はありませんので、それは割面で露出しているところは切ったんではなくて、横断面で前の実質を付けて切ったんだと思います。
図面に割線という線が引いてありますね。
はい。
切り取った肝臓をさらにこの割線に沿って切ったもの。
そうです。
そうすると、肝表面からの距離というのはこの図面に書かれたような。
それは最短距離ではないです。
乙第 15号証の 5ページを示す
この手術記事というのはいつ書かれるものなんですか。
通常、手術が終わって患者さんが病棟なり集中治療室に入った時点で僕は書くようにしています。
基になるメモみたいなものは、先生が手術を進めておる間にだれかがメモをして。
それはないです。
自分の記憶だけなんですね。
はい、そうです。
これの冒頭のところに 「腸管内のガス多く、また fatty なため小腸がじゃまをして視野不良」 となっていますね。
はい。
冒頭に書かれておるというのは、手術を開始して腹腔鏡を入れて、まず感じられたことが書かれているんですかね。
書く内容としては、まずおなかの中の全体的な状況を書いてから、その後、病変のことを書きますので、おなかの中の全体的な状況をまず書いていきます。
本件の手術の場合は、ここに書かれた腸管内のガスが多いとか、fatty で小腸が邪魔をするとかいうことは、最初に腹腔鏡を入れられたときに分かることですね。
実際やってみないと分からないんですね、やってみてどれぐらい邪魔になるかということは。
それはだんだんとまた視野がよくなる工夫があるかもしれないけれども、最初に入れた時点では視野が悪いということがあったんではないですか。
最初からそう思ったかどうか、それは分かりません。
よくなったり悪くなったりということはなくて、全体的に視野が不良だったということは言えるんですか。
そうですね、大体同じ状況で。

続く


医者にメス 私の場合 インデックス 前ページ 次ページ