医療過誤裁判 私の場合 被告医師反対尋問 11
最終更新日: 2002年09月16日、 アクセスした日: 12月14日

医者にメス 私の場合 インデックス 前ページ 次ページ

1999年 9月 30日
第 8回口頭弁論 被告医師 反対尋問 11

第 1回の手術が終了した時点での肝断面などの止血が不十分だった
1,700cc の出血で DIC が起こらないという医学的な根拠は不明


乙第 15号証の 5ページを示す
これは最初の手術記事ですね。
はい。
「肝断面よりの woozing 様出血多し」 となっているんですけれども、この場合の出血が多いというのは、どういう基準で多いというふうに評価されるわけですか。
過去の同じような肝切除術に比べて、通常であれば出ないようなところからもじわじわ出たということで、そういうふうに書いたわけです。
今までの経験された肝切除の症例と比較して、普通ならばじわじわとした出血は出てこないような場所からも出てきているということだったんですね。
はい。
カルテを見ていますと、第 1回の手術でおなかを閉じた後もドレーンからの出血はずうっと続いていたということなんですね。
はい。
結果から見ると、ドレーンからの出血というのは肝の切離面と側副血行路からの出血だったということなんですね。
はい。
その結果から振り返ってみると、第 1回の手術が終了した時点での肝断面などの止血が十分、有効にできていなかったということになるのでしょうか。
そうです。
別のことになりますが、前回の御証言で 1,700cc の出血では DIC は起こらないだろうと考えていたとおっしゃっていますけれども、そういうふうに言える医学的な根拠は何かあるんでしょうか。
………。
何か、研究とか何かで。
………。
先生の感覚でということですか。
出血が多いほうが術後の経過が悪いという報告も一般的にありますし、そういった例で見ますと、やはり肝硬変合併肝癌の場合ですといろいろな報告があると思うんですけれども、どこら辺で区切るかということですけれども、1,000cc 台だと、それほど合併症の頻度が非常に増えるということではないと思うんですね。
そういうことを明確に言えるだけの何か医学的な根拠があるかどうかということをお聞きしたいんですけれども。
論文を探せばあるかとは思いますけど。
今のところは、あなたの感覚みたいなところですか、経験からの。
今までの経験と、過去の知識です。
今まで経験されてきた肝切除術で、血小板値が低い症例で結果的に DIC を発症してしまったという症例は経験されていますか、あなた自身で。
経験してないです。
本件では DIC が起こった結果、多臓器不全を起こしていたというふうにおっしゃってるんですけど、肝硬変合併症の肝癌の切除術の場合に、切除術自体で、その肝臓の予備能にもよりますけれども、合併症として肝不全などの臓器不全、MOF を起こしていって、その MOF の一環として DIC が起こってくるという経過をたどるものもあるんじゃないでしょうか。
あります。

続く


医者にメス 私の場合 インデックス 前ページ 次ページ