医療過誤裁判 私の場合 第4回、第5回口頭弁論
最終更新日: 2002年09月16日、 アクセスした日: 12月14日

医者にメス ホームページへ 私の場合 インデックスへ 前ページへ

1998年 4月 23日
第4回、第5回口頭弁論 第1症例の外科診療録が行方不明


2月10日 被告側弁護士からの「事務連絡」

    本症例より前の腹腔鏡下肝切除術の症例

  1. 同症例については内科診療録は存在しますが、外科診療録の行方が現時点では不明で、現在調査中です。

  2. 現存する内科診療録から、以下のことは判ります。

    1. 患者は当時73歳の女性で、肝臓ガン (S6、3〜4cm、単純節型、II期?)
    2. 1995年 3月10日 外科にて腹腔鏡下にて肝切除術施行
      1995年 3月18日 退院
    3. 1995年11月14日 S7にガン再発発見 (2cm)
      1995年12月11日 外科にて肝動脈塞栓術 (TAE) 実施
    4. 1996年 5月15日 腹腔内転移発見
      1996年 9月 3日 死亡

  3. 現時点で同上患者の診療録を乙号証として提出するとすれば、内科診療録しか提出できませんが、いかが取りはからうか2月12日にご意見をきかせて下さい。

2月12日 第4回口頭弁論

被告側弁護士が、求釈明に対する回答の準備書面 (2月10日付 事務連絡と同一)を陳述し、以下の書証 乙19〜25号証を提出しました。

  1. 第56回 日本臨床外科医学会総会 1994年 11月 17日〜19日

    V-78 肝癌に対する腹腔鏡補助下手術 (大阪厚生年金病院外科 山崎 元 他)

    V-79 腹腔鏡下肝切除における凝固止血装置の使用経験 <マイクロターゼとアルゴンビームコアグレーターの比較検討> (東邦大学大森病院第2外科 高木 純人 他)

  2. 第45回 日本消化器外科学会総会 1995年 2月 23日〜24日

    R-52 肝膵脾疾患に対する腹腔鏡下手術の手技と適応 (大分医科大学第1外科 北野 正剛 他)

    R-53 肝細胞癌に対する腹腔鏡下治療 マイクロ波凝固壊死療法および肝切除 兵庫医科大学第1外科 山中 若樹 他)

    R-54 腹腔鏡下肝外側区域切除の試み (東邦大学第2外科 金子 弘真 他)

  3. ストライカー 3・CCDビデオカメラ モデル782 (松本医科器械)
  4. ソノペッカー技術資料 (アロカ?)
  5. エチコン エンドサージェリー 内視鏡関連 製品総合カタログ (トロッカー、クリップアプライヤー、鉗子)
  6. Auto Suture ENDO CLINCH (輸入販売元 センチュリーメディカル)
  7. Auto Suture ENDO RETRACT II (輸入販売元 センチュリーメディカル)

乙21、23〜25号証は製品カタログ、乙22号証は製品の特長を述べた営業資料であり、原告側が求めていた「使用説明書」に相当する資料は提出されませんでした。

原告が求めている第1症例について、外科診療録の所在が不明になっているが、次回、内科診療録だけでも提出の予定です。

次回口頭弁論を4月23日に行うことを決め、第4回口頭弁論は終了しました。


4月17日 被告側弁護士からの「事務連絡」

    本症例より前の腹腔鏡下肝切除術の症例について

  1. この症例の外科の診療録は現在見つかっておりません。

  2. 経過の概略については、1998年 2月 10日付の書面で申し上げたとおりですが、内科通院診療録のコピーを同封します。

  3. 読みにくい診療録ですが、 などから、経過の概略はご理解いただけると思います。

    ただ、当初S6の肝癌が単結節型で、病気がII期であったことは被告医師の記憶によるもので、診療録に明確な記載はありません。

  4. この内科通院診療録を乙号証として提出するかどうかご検討下さい。

4月23日 第5回口頭弁論

次回準備期日: 1998年 6月 4日(木) 13:30〜 名古屋地裁


このページに関するご意見・ご質問は、こちらに abe@airnet.ne.jp
被告の説明におかしなところはありませんか? ご支援よろしくお願いします。

医者にメス ホームページへ 私の場合 インデックスへ 前ページへ